お餅の正しい冷凍保存の仕方は?賞味期限はどのくらい?解凍方法は?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

お正月のお餅がたくさん余ってしまった。

冷凍保存したいけれどどうやればいいの?
冷凍したお餅の賞味期限はどのくらい?
お餅を冷凍したのはいいけれど解凍はどうやるの?

そこで、お餅の正しい冷凍保存の仕方をご紹介します。

スポンサードリンク

お餅の正しい冷凍保存の仕方はこう!

お正月のために準備したお餅が
たくさん余ってしまうことってありますよね。
せっかくのお餅を無駄にしたくないと思う人は多いです。

そこで、お餅を冷凍保存すれば
もっと長く保存しておくことができます。

でも、お餅を冷凍するのはいいけれど
正しい方法ってどうやるんだろう?と
悩む人が多いのでここからは
正しい冷凍保存の仕方をご紹介します。

お餅を冷凍保存するためには
お餅を1個ずつラップにきちんと包んでください。
そして、チャック付きの保存袋に入れて
冷凍庫で保存するのが正しい方法です。

ポイントとしてはお餅が空気に触れないように
密閉することが大切です。

中にはカビが生えてしまったお餅で
カビを削れば冷凍保存をすることができるのでは?
と考える人がいます。

ですが、カビをいくら削ったとしても
目には見えないところに根が生えている可能性があります。
よって、少しでもカビが生えているお餅は
冷凍保存せずに処分となるのです。

正しい方法でお餅を冷凍保存しないと
乾燥してしまったり冷凍焼けによって
お餅がカピカピになることがあるのです。

また、変な臭いがついてしまうこともあるため
正しい方法で冷凍してくださいね。

お餅を冷凍したら賞味期限はどのくらい?

お餅を無事に冷凍保存することはできても
賞味期限って実際のところいつまでいいのかな?
と疑問に思う人は多いですよね。

お餅を正しく冷凍保存することができれば
賞味期限は半年から1年保存することができます。

どうしてそんなにも長期保存できるのか不思議ですよね。
お餅というのは冷凍することでデンプンがアルファ化するのです。
そのため、魚やお肉と異なって細胞が破壊される心配がありません。

スポンサードリンク

アイスクリームに賞味期限がないように
お餅自体の品質や風味は変化することなく
賞味期限をのばすことができるというわけなのです。

ただし、冷凍保存したお餅は普通のものに限ります。
きな粉餅またはあんこが入っているお餅に関しては
別物となり賞味期限が違いますので注意してください。

お餅を冷凍したのはどうやって解凍するの?

お餅を冷凍保存したのはいいけれど
どうやって解凍したら美味しいお餅が
食べることができるのかな?と疑問が出てきますよね。

お餅の解凍方法は色々ありますが
今回は2つご紹介します。

1.お餅を水につけ置きして解凍する方法
水を張ったボウルを用意して冷凍したお餅を入れてください。
蓋がついているものなら水がこぼれる心配がいりません。

お餅を入れて一晩つけ置きしてキッチンペーパーで
水分を拭き取れば、普通に焼いて食べることができます。

ただし、お餅が厚いとなると一晩の付けおきでは
時間が足りない可能性も出てきます。
そのため、お餅が厚いのであれば2日から3日
つけておいたほうがよいでしょう。

その際に、お水は1日1回交換してくださいね。

2.電子レンジでお餅を解凍する方法
お餅をお水に濡らします。
そして器に入れてラップをして電子レンジでチンをします。

とても簡単な方法と言えますが
お餅の厚さによって時間がバラバラです。

目安としてはお餅1個に対して1分です。
厚さや大きさがばらばらとなると結構難しいため
電子レンジに入れて様子を見ながら解凍する必要があります。

失敗すると芯が硬くてボゾボソと美味しくないものになります。
なので、急がないでお餅を食べるのであれば
お水につけ置きして焼いた方がいいと言えますね。

まとめ

お餅の正しい冷凍保存の仕方はお餅をラップで
1つずつ包んでチャックがついている保存袋に入れて
冷凍庫で保存をするということです。

冷凍すれば半年から1年は保存することが可能です。
解凍方法は水につけ置きをしたり電子レンジを活用すればできます。

お餅はお正月に食べることが多いですが
子供の1歳のお誕生日で一升餅を背負わせるので
このときもこの保存法が役に立ちますよ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑