おみくじのよい順番は?正しい結び方は?大吉は結ばない方がいい?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

初詣でおみくじを引いたら半吉だった。

半吉は初めて引いたからおみくじのよい順番でいうとどこ?
おみくじの正しい結び方はある?
大吉が出たら結ばなくてもいいの?

そこで、おみくじについて調べてみました。

スポンサードリンク

おみくじのよい順番って?

初詣に行くと1年間の運勢が気になるので
おみくじを引く人は多いですよね。

でも、実際おみくじを引いてその結果を見たら
この順番はいい方なのかな?と疑問を持つ人もいます。

大吉や大凶でしたら一番か最後と分かりやすいですが
半吉や小吉となれば中途半端な順位なので
大吉に近いのか凶に近いのかよくわかりませんよね。
なので、モヤモヤする人が多いです。

おみくじには7段階、12段階があり
取り扱う寺社によってもおみくじの内容が異なります。
一般的には7段階のおみくじを取り扱っているところが多いです。

7段階のおみくじのよい順番というのは
大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶

12段階のおみくじのよい順番
大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>
半凶>末凶>大凶

7段階と12段階を比べると見たことがないものが
あると感じた人もいるのではないでしょうか?

どうして7段階や12段階と種類があるのか
疑問を持つ人もいますよね。

おみくじを考案した良源という僧が
「元三大師御籤張」を作って大吉や吉、凶の吉凶は80%にして
残りの20%は各所自由に設定してもよいとされているためです。
よって、各寺社に決めるので違いが出てくるわけなのです。

なので、半吉が出るということは
逆にレアだと言えますね。

また、日本各地の神社の総括でもある
神社本庁の伊勢神宮などでは
大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶の順番がよいとされています。

なので、おみくじを引く場所によって
おみくじの順番の内容が異なりますので
7段階なのか12段階なのかを確認してみてくださいね。

おみくじの正しい結び方は?

おみくじを引いたら神社に結んで帰る人は多いですよね。
結ぶのはいいけれど正しい結び方はあるのか
気になったりしますよね。

その前に、おみくじの正しい引き方を学んでおきましょう。

・手を洗う
・口をすすいでから三拝する
・心を正してからおみくじをひく
・気になることを具体的に思い浮かべながら引く

それからおみくじの正しい結び方についてご紹介します。

1.おみくじを4回ほど折って細長い状態にする
2.四つ折りにしたおみくじを結び所へかけて1回結ぶ
3.中心の結び目におみくじの端を折りこむ
4.反対側の端も折りこむ

スポンサードリンク

注意することは縦結びにならないようにすることです。
縦結びは葬式で死者に装束を着させる時の結び方なので
神社で使うのにはそぐわない結び方となりますので注意しましょう。

また、凶や大凶が出た時は利き手と逆の手で三つ折りをして
おみくじを結ぶことができると凶から吉へ厄が転じると
言われているのでもし出たらそのように結んでみましょう。

おみくじを結ぶという意味は神様との縁を結ぶとされています。
よって、おみくじを引いたら正しい結び方で
結んでくださいね。

大吉のおみくじは結ばない方がいいの?

大吉のおみくじが出た時は縁起のいいものなので
持ち帰りたいと思う人も多いですよね。
縁起がいいからこそ結ばない方がいいのかな?
疑問を持つ人も多いですよね。

おみくじは運勢に関係なく結んでも結ばなくても
どちらでも問題ありません。

なので、大吉のおみくじは結ばない方がいいというものは
特にないと言えるのです。

ただし、おみくじを結ばないで持ち帰る場合は
注意点がありますので気をつけてくださいね。

おみくじを粗末に扱っていけなく
もちろんゴミ箱に捨てることはいけません。

神仏からのメッセージですので粗末にすることは
よくないことなのです。

よって、おみくじを持ちかえるときは
いつから必ず神社に結び付けるという意識を持つことが大切です。

また、大吉のおみくじを持ち帰るからこそ
その効果は実感したいものですよね。

そこで、有効期限はどのくらいあるのか
気になる人も多いです。

実は、おみくじの有効期限というのはとてもアバウト
おみくじの有効期限はその人の自身の解釈で構わないのです。

よって、1年に1度初詣でおみくじを引くという人は
有効期限を1年と考える人が多く
半年で効果がなくなったと感じればそれまでなのです。

そのため、特におみくじの有効期限はありませんので
どのくらいその効果を信じるのかはあなた次第ということです。

なので、縁起がよいとされている大吉を
どこまで信じるかはあなた次第だと言えます。

せっかくの大吉ならハッピーな一年になるように
大切に取り扱って前向きな一年を過ごせるようにしましょう。

まとめ

おみくじのよい順番というのは
7段階や12段階によって内容が異なります。
そのため、すべてのおみくじが共通というわけではありません。

おみくじには正しい結び方があり
おみくじの正しい引き方もありますので
正しい方法で行ってくださいね。

大吉が出たら持ち帰る人も多いですが
吉凶にかかわらず持ち帰ることは問題ありません。
持ち帰った時の正しい保管方法を守って
1年を過ごしてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑