夫婦喧嘩の原因は子供!仲直りの方法は?やってはいけないことは?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

子供のことで夫婦喧嘩が多いです。

夫婦喧嘩は子供に対して何か影響はありますか?
仲直りをする方法は?
喧嘩でやってはいけないことってあるのかな?

そこで、夫婦喧嘩についてまとめてみました。

スポンサードリンク

夫婦喧嘩の原因は子供のことが多い!

夫婦喧嘩は些細なことも多いですが
子供が原因なことも多いです。

子供の将来を考えて夫婦で話し合っているはずが
喧嘩に発展してしまったりします。

夫婦喧嘩は日常茶飯事だ!という人も
子供に悪影響を与えてしまっていることをご存知ですか?
実は夫婦喧嘩は子供に悪い影響を与えてしまうのです。

夫婦喧嘩を子供が嫌がるだけではなく
子供の心を傷つけてしまう原因となります。
そのため、子供に悪影響を与えるのです。

夫婦喧嘩がヒートアップすると声が大きくなりますし
普段と違うしゃべり方になります。
これに対して子供は恐怖を覚えることが多いのです。

また、罵声も子供を怯えさせる一因となります。
よって、子供の前で汚い言葉で罵りあうことは
教育的に良くないのです。

そして、子供のことで夫婦喧嘩をしていると
子供は自分のせいで喧嘩をしていると思い
子供の心に深い傷を与えてしまうのです。

じゃあ、夫婦喧嘩は絶対にしてはいけないの?
と疑問が出てきますよね。

子供の前で夫婦喧嘩をしてはいけませんが
喧嘩をすることは悪いことではありません。
そのため、喧嘩をすることを恐れてもいけません。

お互いの貴重な意見交換の場となりますので
喧嘩にならないように小さな言い合いにすればいいのです。
なので、よい喧嘩の仕方をすることが大切なのです。

夫婦喧嘩をしたとき仲直りはどうやってすればいい?

夫婦喧嘩をすると仲直りのタイミングがなく
いつまでも意地を張ってしまうことってありますよね。
夫婦喧嘩をしたらできるだけ早く仲直りすることが大切です。

喧嘩した後に仲直りをする方法として
夫婦喧嘩で勝ち負けを決めないことが大切です。

相手を打ち負かすためにやっているわけではありませんし
お互いの理解を深めるために夫婦喧嘩をしたのですから
勝ち負けは決める必要がないのです。

また、夫婦喧嘩をしたら必ず仲直りで終わることが大切です。
いつまでも引きずって口もきかないということは
子供の教育上よろしくありませんので
夫婦喧嘩したら仲直りの儀式をすることが必要なのです。

スポンサードリンク

握手でもよいですし、抱き合ってもよいです。
このような行動を起こすことで気持ちも自然と落ち着きます。

さらに夫婦喧嘩に結論はなくてもよいのです。
無理に結論付けすることで余計に喧嘩が複雑になります。
気持ちをすべて吐き出したのであれば
結論に持っていかないでその場で仲直りしましょう。

あと自分の非は認めましょう。
そうしないと早く仲直りをすることができません。

夫婦喧嘩をした日に仲直りができなかったら
次の日の朝に笑顔で「おはよう」と言えるようにしてくださいね。
そうすれば自然と日常の生活に戻れます。

そのあとに「昨日はごめんね」と一言いえば
仲直りをすることができます。

夫婦喧嘩でやってはいけないことは何?

夫婦喧嘩はどこの夫婦にでも経験があることですが
子供に対してやってはいけないことがあります。

・子供の前で夫婦喧嘩
これは絶対にやってはいけないことです。
小さいころに両親が喧嘩していることが
トラウマになって内向的な性格になってしまいます。

・子供の名前を出して喧嘩
子供の名前を出して喧嘩をしてしまうと
自分に原因があると思い子供が自分を責めてしまいます。

よって、夫婦喧嘩をするときは
子供に「聞かせない」「見せない」が大切なのです。

・子供に八つ当たり
夫婦喧嘩のイライラを子供に八つ当たりしてはいけません。
子供が傷ついて自分に責任があると思ってしまうのです。

・責任転嫁
夫婦喧嘩を子供に対して責任転嫁することは
絶対にやってはいけないことです。

子供のことが原因であっても子供には関係のないことです。
自分の責任から逃げたくても責任転嫁だけはいけません。

・子供に相手の愚痴を言うこと
夫婦喧嘩のストレスから子供に対して
「パパはとてもひどいことを言うんだよ。」と
相手の愚痴を子供に言ってはいけません。

子供に親の愚痴を聞かされることは不快と感じ
子供は親が大好きだからこそ思い悩むようになってしまいます。

このように夫婦喧嘩でやってはいけないことは
色々とありますので注意してくださいね。

まとめ

夫婦喧嘩は子供に悪影響を及ぼします。
なので、子供の前では絶対に喧嘩はしないでください。

夫婦喧嘩をしたらその日のうちに仲直りをしましょう。
仲直りの方法は色々とありますので
自分に合ったものを選択しましょう。

子供のことで喧嘩をするのはいいですが
子供を巻き込んではいけません。
子供のことを第一に考えるのであれば
喧嘩の仕方も自然と変わってくるのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑