新年の挨拶で目上の人にメールはOK?文例は?気をつけることは何?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

会社の目上の人に新年の挨拶は年賀状でなくメールにしたい。

メールで新年の挨拶をすることはマナー違反なの?
もし、メールを送るなら文例とかはある?
メールを送るときに気をつけることは何かな?

そこで、年賀メールについて調べてみました。

スポンサードリンク

新年の挨拶を目上の人にメールで出して大丈夫?

年賀状を毎年準備するのはとても大変なことですよね。
最近ですと若者が年賀状離れしている傾向にあり
メールやWEBのグリーンティングカードで
済ませてしまう人も増えています。

もちろん、仲の良い友人でしたら問題はありませんが
会社の目上の人になるとマナー違反になるのか
気になる人も多いです。

会社の目上の人に新年の挨拶をメールで送ることは
必ずしもマナー違反になるわけではありません。

会社の方針によっては年賀状を自粛するケースもあります。
よって、そのような場合はメールで新年の挨拶を
送っても問題はないのです。

ただし、今まで会社の目上の人に対して年賀状を
毎年出しているのであればこれからも継続となります。
新年の挨拶を急にメールに切り替えるのは失礼に当たります。

なので、いくら年賀はがきを準備するのが大変だから
メールにしたいと思ってもそれは行ってはいけません。

また、住所がわからない目上の人であれば
メールで新年の挨拶をするのはマナー違反ではありません。

ですが、会社の場合だと社員名簿もありますし
職場で聞くことができますので会社の目上の人であれば
年賀状を自粛していない限りは年賀はがきで出すのが
マナーと言えます。

新年の挨拶をメールで送るときの文例は?

新年の挨拶をメールで送るとなると文例がないと
正しい日本語であるか不安な人も多いです。

ですが、その前に
「謹賀新年」「賀正」「迎春」の意味を知っておくことが大切です。

謹賀新年:謹んで新年をお祝いいたします
賀正:正月を祝うこと
迎春:新年を迎えること

よく年賀はがきには賀正や迎春が使われており
特に意味など気にしない人も多いですよね。
また、2文字で短いから使いやすいですよね。

実は、この2文字は目上の人に使うと失礼に当たり
マナー違反
となるのです。

なので、目上の人には謹賀新年を使うことが
正しくて使わないとマナー違反となるのです。

そこから新年の挨拶のメールの文例を考えていくと

謹賀新年

旧年中は公私にわたり大変お世話になりました。
本年もご指導の程よろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈りしております。
平成28年元旦

あとはお礼を述べるところで
具体的なエピソードを加えるとさらによいので
自分のエピソードを混ぜながら文例を参考に
新年の挨拶をメールでしてみてくださいね。

スポンサードリンク

メールを送るときに気をつけることは何?

メールで新年の挨拶を送るときに気をつけることは
何があるのかなと思う人は多いですよね。

メールで気をつけること

・誤字脱字
・宛先
・内容がわかりやすくて丁寧化
・デコレーションメールを受信する側のパケット通信料

普段デコレーションメールを使わない人にしていると
これを受診するパケット通信料が負担となります。
よって、普通のメールを送るのが無難です。

またいくらテンプレートがあったとしても
自分の言葉を添えることが大切です。

あとは、正しい日本語を使うことが大切です。
気をつけることとして
「新年あけましておめでとうございます」です。

これは、「新年」と「あけまして」が重複しています。
よくありがちな間違いですので気をつけてください。

他にも、不祝儀に関する言葉も入れてはいけません。
例えば弔事や離婚、法事、倒産、リストラなどです。

よく「離婚しちゃいました」と報告する人がいますが
「独身になりました」と書かないとマナー違反です。

そして、忌み言葉も使ってはいけません。
例えば、去、失、亡、滅、衰、枯、破、倒、痛、壊、暗など
一言添えるときに気をつけることが大切です。

これは年賀はがきにも同様のことが言えますので
注意してくださいね。

このようにメールでも気をつけることが色々とあり
やっぱり年賀メールも面倒だと感じるのであれば
携帯電話から本物の年賀状を送るサービスがあります。

・mixi
ニュースでも話題になったmixiは
2013年にサービスを終了しているので現在は利用できません。

・LINE
はがきデザインキットというアプリで利用ができます。
LINEに入っていれば住所がわからなくても送れます。
料金は普通紙1枚130円で写真用紙が1枚160円です。

・楽天
無料でグリーンティングカードが送れて
年賀状もあります。

・Yahoo
電話番号しか知らない相手にも紙の年賀状を送れるサービスです。
1枚78円で10枚なら710円となっていて
デザインが豊富なので老若男女問わずに利用できます。

この他にも最近では様々なサイトで携帯からの
年賀状を取り扱っているところがあります。

やり方も簡単ですし、テンプレートを選べば
年賀状を用意することができますので
ぜひ活用してみてくださいね。

これで、年賀状の準備は安心ですね。

まとめ

新年の挨拶で目上の人にメールを送るのは
必ずしもマナー違反だというわけではありません。
会社が年賀状を自粛しているケースなら
メールでも可能だと言えます。

文例は様々ありますが具体的なエピソードを
入れるとさらに気持ちが伝わりやすいです。

メールでも気をつけることは様々あります。
どうしても面倒だと感じるのであれば
携帯から年賀状が送れるサービスを利用することもできます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑