内定先に年賀状は送るべき?書き方で気をつけることは?例文は?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

内定が決まり春から新社会人になります。

でも、内定先に年賀状は必ず送らないといけない?
書き方で気をつけることは何だろう。
例文とかはあるかな?

そこで、内定先に送る年賀状についてまとめました。

スポンサードリンク

内定先に年賀状は送るべきなの?

内定先が決まり春から新社会人。
新社会人になるからマナーも気になりますよね。

まだ入社はしていないけれど
新社会人への意識は少しずつ強まってきていますよね。
そうなると内定先に年賀状を送るべきなのか悩む人も多いです。

結論から言うと内定先に年賀状を必ず送る必要はありません。
とはいえ、内定先から年賀状が届く可能性も十分にあります。
よって、年賀状を送っていないと気まずくなってしまうのは
あなたなのです。

今の時代は年賀状を送らなくてもよいという風潮があり
年賀状を逆に大切にしようと思っている会社もあるのです。

よって、年賀状を送ることでいい気がしないというケースは
稀だと言えるので年賀状を送るのかについて悩むのであれば
内定先に年賀状を送った方が無難と言えるのです。

ただし、気をつけるべき点は虚礼廃止の会社の場合です。

最近のビジネスシーンでは虚礼廃止を
行っている会社もあります。

虚礼廃止は上司などに対してお歳暮や年賀状などを
送ることを禁止するもの
です。

よって、虚礼廃止がある会社であるなら
内定先に年賀状を送る必要はありません。

会社の規定など具体的なことがわからない場合は
礼状ごとなどに詳しい人に確認をしてから
年賀状を送るのか決めてみましょう。

もし、年賀状を出さないと決めたのに
内定先から年賀状が来た場合
マナーとして1月7日までに年賀状が届くように送ります。

1月7日を過ぎるような場合は
寒中見舞いとして返さなければいけません。

社会人になるので
ビジネスマナーを守って送るようにしてください。

内定先に送る年賀状の書き方で気をつけることとは?

内定先に年賀状を送るとなると書き方に悩みますよね。
ビジネスシーンとなりますのでマナーを守らないといけません。
なので、気をつけることは色々とありますので
下記で確認してみましょう。

・内定先に年賀状を送るなら手書き
内定先に送る年賀状は一般的に手書きがマナーとなります。
さらに、使用するペンは筆ペンです。

筆ペンで字をきれいに書けないと思うかもしれませんが
手書きと筆ペンは必ず守っておきたいマナーですので
頑張って書いてみましょう。

・絵柄はシンプルなもの
干支やおめでたい絵柄などのイラストは使用することが可能です。
やむをえず文面を印刷したものを使用するときは
文章の内容が失礼に当たらないかを確認することが大切です。

印刷したもので文章が数行あっても手書きの文章を
書き添えること
が大切です。

・敬語の使い方に気をつける
新年を祝う賀詞は相手に対して失礼に当たる言葉があります。
「迎春」や「賀正」など漢字2文字の賀詞を使ってはいけません。

これは目上の人から目下の人宛に書く表現だからです。
よって、内定先に送る年賀状に使ってしまうと失礼になります。

スポンサードリンク

・宛名の書き方に気をつける
肩書きがある相手への年賀状には注意が必要です。
肩書きがある相手に年賀状を送るときは
部長 ○○様となります。

肩書きがない人の場合
会社名、部署を省略せずに書き
一行に書ききれないなら二行に分けても大丈夫です。

・宛先は人事担当者
内定先に年賀状を出す際、宛先に悩みやすいですが
宛先は人事担当者です。

唯一の顔見知りであり面接の際にお世話になっていますから
人事担当者が適切だと言えます。
間違っても社長あてに送らないようにしましょう。

特定の人事担当者がいないなら
「人事部御中」と書くのが無難と言えます。

・誤字脱字に注意
普段慣れない言葉を使うことも多いため誤字脱字に注意が必要です。

以上のポイントをおさえて
内定先に年賀状を書いてみてくださいね。

内定先に送る年賀状の例文はこう!

内定先に年賀状を送るときは例文を参考にすると
大変書きやすいですよね。

そこで、ここからは内定先に送る年賀状の例文をご紹介します。

例文1

謹んで新年のお慶びを申し上げます
○○大学△△学部の□□と申します
今年は大きな慶びに包まれた新年を迎えることができました
これも貴社の内定を頂戴できたからだと思います

至らぬ点が多いとは存じますが
何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

例文2

謹賀新年
貴社に内定を頂きました○○大学の□□と申します
面接の際には大変お世話になり本当にありがとうございました
新年を迎え四月からの入社を前に気持ちを新たにしております

一日も早くお役に立てるよう精一杯頑張る所存でございますので
何卒ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます
そして貴社のご発展と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます

内定先に送る年賀状は各パートに例文を組み合わせる
自分らしい文章を作ることができるので
各パートの例文をご紹介していきます。

・新年を祝う賀詞

謹賀新年
恭賀新年
謹んで新年のお慶びを申し上げます
謹んで新春の寿ぎを申し上げます

・自己紹介

○○大学の□□と申します

貴社に内定を頂きました○○大学の□□と申します

・内定のお礼や新年の抱負など

新年を迎えいよいよ社会人としてスタートすべく
気持ちを新たにしております

貴社より内定のご通知を頂戴でき
新年を嬉しく迎えることができました

新年を迎えいよいよ社会人になる日が近づいてまいりました
緊張感で身の引き締まる思いです

・今後の指導に関するお願いの言葉

未熟者ではありますが誠心誠意努力いたします
何卒ご指導のほどよろしくお願い申し上げます

入社いたしました際にはご指導の程よろしくお願いいたします

・結びの挨拶

貴社のさらなるご繁栄と皆様のご健勝を衷心よりお祈り申し上げます

貴社の更なる発展と皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます

いかがですか?
このように各パートを組み合わせると
とても書きやすいですよね。

ぜひ、これを参考に年賀状を完成させてみましょう。

まとめ

内定先に年賀状を必ず送る必要はありませんが
もし内定先から年賀状が届いてしまったら
気まずくなりますよね。
そのため、年賀状は送っておいた方が無難なのです。

書き方の注意点は様々あり
普段使わない文章を使うので特に誤字脱字には気をつけましょう。

各パートを組み合わせると内定先に送る年賀状が
自分らしい表現を選ぶことができるので書きやすくなります。
失礼のないように内定先に送る年賀状を完成させてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑