成人式の振袖のレンタル予約時期はいつ?相場は?激安には注意!

公開日:  最終更新日:2015/11/20

成人式で振袖が着たいけれどまだレンタル予約していません。

レンタル予約をする時期はいつが一番いいの?
振袖のレンタルの相場ってどのくらい?
振袖の激安レンタルはデメリットが多いの?

そこで、成人式の振袖をレンタルする時期についてまとめました。

スポンサードリンク

成人式の振袖をレンタル予約する時期はいつ?

成人式では多くの女性が振袖を着ますよね。
早い人だと1年前から準備を始めているといいますが
本当に、成人式の振袖のレンタル予約の時期
1月下旬ころから始まっているのです。

成人式の振袖のレンタル予約時期のピークは3月下旬です。
なので、この時期に成人式の振袖をレンタル予約しないと
カタログ掲載の人気柄はほぼ成約済みになってしまいますので
出遅れると人気柄を着ることができなくなってしまいます。

特に、人気柄の振袖にこだわらないという人は
この時期に集中しなくてもよいのですが
身長が高い人の場合、遅い時期に予約をしに行くと
サイズがないことが多いです。

よって、標準体型でない人は成人式の振袖の
レンタル予約の時期を早めにして
下見に行くのがおすすめ
です。

振袖に限らず小物類も人気の物から
どんどん成約済みとなりますので
成人式で振袖を着たいのであれば
のんびりとしている暇はありませんよ。

成人式用の振袖をレンタルしてくれるお店はたくさんありますが
お店選びも重要になってきます。
お店に下見に行く前に必ずお店をリストアップして
順番に下見していくようにしましょう。

なので、ここからは振袖をレンタルしてくれるお店選びの
ポイント
をご紹介します。

・下見の際、店員の接客態度や振袖の種類を確認

来年の成人式までずっとお世話になるわけなので
親切丁寧に対応してくれると安心して
すべてを任せることができます。

また、振袖の種類が多ければ自分のお気に入りの
振袖を探すことができますので選択肢が多い方が良いのです。
振袖の種類が少ないところはやめておきましょう。

・ヘアメイクもサービスに含まれているのか

振袖のセット料金にヘアメイクが含まれているとお得です。
また、前撮りもする人は成人式当日以外にも
ヘアメイクをしてくれるのか確認する必要があります。

セット料金に含まれていないと金額が高くなりますし
できるだけお得なセット料金を探してみましょう。

・小物も振袖のレンタル料金に含まれているか

振袖を着る以外に小物類もたくさん必要になります。
それらがすべてセット料金に含まれているとお得ですよね。

・前撮りの流れはどうなっているのか

前撮りがセット料金に含まれているのか
オプションとして別料金なのかを確認する必要があります。

また、前撮りのポーズの数はどのくらいあるのか
写真のアルバムはどうなっているのかも確認してから
お店を決めましょう。

これらのポイントを抑えて振袖を選んでいくと
ある程度予算も決めていくことができます。

ぜひ、成人式で着る振袖は早めの時期に下見に行って
お気に入りの物を探して予約をしましょう。

成人式の振袖をレンタルするときの相場は?

成人式で振袖を着るためにレンタル予約をする人は多いですが
振袖のレンタル料金の相場が気になりますよね。

実は振袖のレンタル料金の相場はとても幅広く
3万円から100万円以上となります。

こんなにも幅がある理由は色々あります。

・振袖の素材のレベルが違う

振袖は基本的に正絹の着物です。
絹100%で混じり物のない絹を使っていますが
中にはそうでない振袖もあるため値段の差が出てきます。

振袖の素材はしっかりしたものを選んで
後で後悔しないようにしましょう。

・ヘアメイクの回数

スポンサードリンク

成人式当日だけのヘアメイクだと安く済みますが
前撮りの時もヘアメイクをお願いして料金が
セット料金に含まれていないと別料金となります。

何回ヘアメイクをしてくれるのか
料金プランをきちんと確認することが大切です。

・着付けの回数

成人式当日だけの着付けならセット料金に
含まれていることが多いですが前撮りの時も
着付けをしてもらうとなるとセット料金に
含まれていないこともあります。

・前撮りの写真のポーズ数

振袖を着て前撮りをするときにポーズ数によっても
料金が異なってきます。
ポーズ数が多ければ値段も上がります。

アルバムの台紙によっても料金が異なり
料金が高くつく場合があります。

・小物類のセット

振袖の他に小物類が必要となります。
セット料金に小物類が含まれていないと
必要なものをすべて別料金で借りないといけません。

振袖を着るときに主に必要な小物類は
ショール・バッグ・帯あげ・草履・帯締め
重ね衿・半衿なのでどこまでがセット料金か確認しましょう。

・それ以外の小物類

振袖を着付けしてもらうときに必要な小物類は
セット料金に含まれているのかによって
値段が変わってきます。

自分で準備しないといけないものもあるのか
料金プランを必ず確認することが大切です。

このように振袖を着るに当たって
色々細かいことを決めていくとレンタル料金の
相場に幅が出てくる
のです。

とはいっても一般的なレンタル料金の相場
15万円から20万円となっており
すべて込みでこの金額がよく売れているのです。

成人式の振袖をレンタルするときは
料金の相場を参考に決めてみてくださいね。

この相場の範囲でしたら満足のいく振袖を着て
ヘアメイクや前撮りを含めても納得のいく内容になります。

成人式の振袖をレンタルするとき激安には注意が必要!

成人式の振袖をレンタルするときは
振袖を扱っている着物屋さんを利用したり
貸衣裳屋さんを利用したりしますよね。

他にも成人式で着る振袖をレンタルしてくれるところは
たくさんあります。
それはネットショップです。

ネットショップはお店で振袖をレンタルするよりも
激安で借りることができるサービスが多いです。

レンタル料金を気にする人であれば激安はとても嬉しいですが
実は振袖を借りるときに激安は注意が必要となります。

・試着をしないため振袖のサイズが合わないことがある

デザインだけ見て振袖を決めるため
自分のサイズに合うのかわかりません。
いくら交換が可能だとしても送ったり届いたりと
手間と時間のロスが大きいです。

・写真や着付け、ヘアメイクは自分で手配

振袖が激安でレンタルすることができても
前撮りや着付け、ヘアメイクは自分で手配しなければいけません。
あくまでも激安は振袖の料金だけのことが多いので
細かいところまで確認することが必要です。

・小物類の入れ忘れが多い

振袖を激安でレンタルした人の口コミで多いのが
小物類の入れ忘れが多いということです。
そのため、確認の電話や手続きで時間のロスになります。

・振袖の着物の素材が薄い

振袖が安い理由に素材も大きく関係しています。
なので、安ければ安いほど素材が薄い可能性が高いです。

そのため、成人式の振袖のレンタルがいくら
激安で借りられるとしても料金だけにとらわれず
セット料金やサービス内容で選んだ方が失敗しません。

これを参考に成人式の振袖を決めてみてください。

まとめ

成人式で着る振袖のレンタル予約が開始される時期は
1月下旬から3月下旬がピークで
人気柄を着たいのであれば早めに下見に行きましょう。

レンタル料金の相場は15万円から20万円が一般的で
サービス内容なお店によって異なりますので
細かいところまで確認してくださいね。

また、ネットショップは激安でレンタルしてもらうことが
可能ですがヘアメイクや写真などは自分で
手配しないといけなくなるため料金だけにとらわれないでください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑