成人式で振袖の着付けポイントは?トイレの仕方は?着崩れ直し方は?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

成人式で初めて振袖を着付けしてもらうことになりました。

でも、振袖の中の下着はつけないものなの?
トイレの仕方はどうやればいいのかな?
着崩れしたら直し方は?

そこで、成人式で着る振袖の作法についてまとめました。

スポンサードリンク

成人式で振袖の着付けのポイントは?

成人式は一生に1度しかない大イベントです。
なので、成人式で振袖を着て着飾る女性は多いです。

でも、成人式の時まで着物を特に着たことがなければ
着物の作法などわからないことも多いですよね。

着物は下着をつけないで着ると昔の人はいいましたが
現在も下着をつけないで振袖を着付けするのか
裸を見せないといけないのか心配になりますよね。

現在、振袖を着付けするときの下着については
ブラもショーツも普通に着用しても問題ないのです。
ただし、なんでもよいというわけではありません。

下着の線が表に出ないような
スポーツブラやボクサーショーツが最適だと言えます。
ワイヤーが入っているブラジャーは
着付けの際に苦しくて気分を悪くしやすいです。

そのため、スポーツブラやノンワイヤー
ブラトップ
などにしておきましょう。

昔の人はじゃあ、本当に裸に振袖を着ていたの?
と気になりますよね。

振袖の着付けは肌襦袢、長襦袢、振袖の順番で着ており
肌襦袢が下着の代わりとなっていました。

肌襦袢は白い着物のように感じますが
れっきとした下着なのです。
そのため、着物の下には何もつけないということになります。

現代の人からすれば下着をつけて肌襦袢を着るなら
下着を2枚つけていることになるから
肌襦袢は着なくてもいいのでは?と疑問が出てきますよね。

確かに、下着を身につければ肌襦袢の役割がなくなってしまいます。
でも、肌襦袢には絹の長襦袢に汗がつくことを防止する
大切な役割がありますので必ず着ないといけません。

なので、あとは振袖の着付けに向けて
ブラやショーツを準備しましょう。

振袖のトイレの仕方はどうやるの?

成人式の時に振袖を着るのはいいけれど
振袖を着たままでトイレの仕方がわからないから不安だ
と思う人も多いです。

なので、トレイの仕方をご紹介します。

1.着物の裾を汚さないように下から持ち上げて帯上部の隙間に挟む
2.白の長襦袢も同様に帯に挟み込む
3.腰に巻いた白の肌着も同様に持ち上げる

この時の注意点としては着物の裾を持ち上げるときに
1枚ずつ持ち上げるのが面倒だからと言って
重なっている部分を左右に広げることはやめてください。

これを行ってしまうと着崩れの原因となってしまいます。
振袖を着た状態でトイレに行くときは
余裕をもっていくようにしましょう。

あとは、裾を元に戻す時も裾がめくれていないか
きちんと確認してくださいね。

スポンサードリンク

さらに、手を洗った後にも注意が必要です。
手を洗ったらすぐにハンカチやタオルで水気を拭かないといけません。
手を払って水気を飛ばしてしまうことで
振袖にも水がかかってしまいシミの原因になります。

振袖を大切に扱うためにも手洗いには十分気をつけましょう。

これで振袖を着た状態でトイレの仕方がわかりましたね。
万が一トイレに行きたくなってもこれを知っておけば
安心してトイレに行くことができます。

振袖が着崩れた!直し方はどうやるの?

振袖が着崩れてしまうとせっかく着付けしてもらったのに
振袖が台無しになってしまいますよね。
でも、直し方もわからないと焦ってしまいます。

基本的に成人式には必ず振袖の着崩れを直すスタッフがいます。
なので、その場で振袖の着崩れを対処してくれるのです。

直し方としては帯を取り始めから着付けをやり直すのではなく
帯を結び直したり内側の長襦袢や襟部分を引っ張って
対処してくれる
のです。
万が一着崩れしたときはスタッフを探して直してもらいましょう。

そもそも着崩れというのは帯が落ちてしまったり
裾を引きずってしまうことをいうので
首が圧迫されたり胸元が見えるようなことがなければ
特に問題がない
といえます。

その前に、振袖を着崩れの直し方よりも
着崩れさせないための注意点があります。
誰にでも簡単にできることなので振袖を着たら
実践してみてくださいね。

・歩くときの歩幅は小さく内股で
着物を着たら歩幅は小さくしないと裾が乱れやすいです。
なので、歩くときは歩幅を意識して
普段より小さく内股で歩いましょう。

・階段の上り下りの際は裾を上げる
階段の上り下りをするときは太股上部の生地をつまみ
裾を持ち上げて足が出やすいようにすることで
階段が上り下りしやすくなり着崩れを防ぐことができます。

・椅子は浅く座ること
椅子に座るとき、深く腰掛けてしまうと帯がつぶれてしまう
可能性があるため華やかさを演出するためにも
浅く腰掛けるようにすればいいのです。

着物のマナーが気になる人は動画で確認してみましょう。
着物(きもの)外出時マナー 日本通TV

これを成人式が行われる前に見ておけば
安心して振袖を着て成人式に参加することができます。

一生に一度の大イベントを成功させてくださいね。

まとめ

成人式で着る振袖の着付けで着物の下は
下着をつけていても問題ありませんが
スポーツブラやボクサーショーツが適しており
肌襦袢は着ないといけません。

トイレの仕方は裾を持ち上げて帯上部に挟み込んで
行いますが普段より行う作業が多いため
余裕を持っていくようにしましょう。

着崩れについては歩き方や座り方などに注意すれば
なりにくいのでぜひ着物の作法を確認して
成人式に備えてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑