女の子が二人目だとお雛様は?つるし雛がおすすめで正しい飾り方は?

公開日: 

もう少しでお雛様だけど二人目も女の子が生まれた。

二人目にもお雛様って必要なの?
つるし雛が人気らしいけれど二人目に適している?
つるし雛の正しい飾り方って?

そこで、女の子で二人目のお雛様は
どうすればいいのかについてまとめました。

スポンサードリンク

女の子が二人目だけれどお雛様は買わないといけないの?

女の子の節句である雛祭り。
もちろん長女であれば立派なお雛様
購入してもらうことが多いですが
二人目となるとなかなかそうもいきませんよね。

住宅事情の関係もあり二つのお雛様を収納する
スペースもなければ飾る場所もない
というのが
現状ですよね。

だからこそ、女の子の二人目にはお雛様は必要なのか
どうすればいいのか困ってしまう人も多いです。

女の子の二人目にお雛様を買うべきかという質問に対して
その答えは購入するべきと言えます。

その理由としては女の子にふりかかる災厄を
お雛様が身代わりになってくれる守り神という意味がある
からです。
よって、お雛様は一人一つということが言えるのです。

そうなると飾るスペースと収納場所の問題も出てきますよね。
そのような場合は王道飾りや立雛で
コンパクトなものがありますよ。

いくら小さいとはいえお雛様は女の子にとって
自分の大切なお人形となりますので
特別なものといえます。

なので、コンパクトのお雛様を準備してあげられるなら
購入してあげてくださいね。

また、地域によっては二人目の女の子には
市松人形を贈るというところもあります。
なので、地域に風習に従って購入してみましょう。

どうしても長女とお雛様を共有したいと思っている人もいますよね。
そういう場合は二人目の女の子の名前が入っている
木札を購入したり名前旗を購入してあげましょう。
これらはお雛様を取り扱っているところで
作ってもらうことができますよ。

女の子は成長するとともに自分のお雛様が欲しいという気持ちが
強くなり姉だけずるいと感じる
ことが多いです。
なぜ自分は買ってもらうことができないのかと
僻むことも多いです。

なので、二人目の女の子にも何かしらの形で用意してあげましょう。

お雛様を新たに購入しないのであればつるし雛を二人目に!

二人目の女の子だからお雛様の購入をやめようと
思っているのであればつるし雛がおすすめですよ。

二人目の女の子につるし雛は大変人気があり
とても可愛らしいデザインの物も多いため
喜ばれています。

つるし雛は場所を取らないで飾ることができるのに
とても華やかで可愛らしいので女の子におすすめなのです。

そしてつるし雛はお雛様より片付けがとても楽
出すのも片付けるのも簡単に済ませることができます。

つるし雛には色々な種類があります。

・吊るすタイプ
天井から直接吊るして下から見上げると
つるし雛の華やかな世界を楽しむことができます。

・台付きタイプ
そのまま好きな場所に飾ることが出来て
自由な飾り方を楽しむことができるものです。
比較的コンパクトな大きさが多いです。

スポンサードリンク

・床置きタイプ
門のように開くタイプでユニークなつるし雛です。
1つ1つお人形をよく見えることができて
視界に入る面積が大きいので珍しい形なのでインパクトがあります。

・コンパクトタイプ
コンパクトで場所を選ばないつるし雛なので
今の時代の住宅事情にぴったりだといえます。

なので、お好みのつるし雛を見つけてみてくださいね。

つるし雛の正しい飾り方は?

もしつるし雛を飾るとしたら正しい飾り方
飾ってあげたいですよね。

市販のつるし雛というのは飾り台に飾るのが一般的です。
でも、天井に直接フックを取り付けて飾ることも
できるようになっているものが多いです。

もし、つるし雛を天井に直接フックを取り付けて飾るのであれば
設置箇所がつるし雛の重さに耐えられるようにしないといけません。
なので、梁や根太のある場所にフックを取り付けましょう。

つるし雛の商品によっては台付きの物や門のような形で
自立して飾ることができるものもありますので
そのまま配置することができるようになっています。

つるし雛とお雛様を飾るときにつるし雛は
両側に飾るのが伝統的
だと言われています。

しかし、1個だけ片側に飾ることも特に問題ありません。
基本的につるし雛は何個飾ってもよいものですので
配置する数に決まりはありません。

よって、二人目の女の子であれば一つ購入して
長女のお雛様と一緒に飾ってあげるといいですね。

もし、三人目も女の子であればつるし雛を購入して
両方に飾ってあげることができますよ。

つるし雛はお雛様と一緒に飾る人が多く
早い人ですと年明けから飾る人もいます。

もし友人などの来客があるときは
そのタイミングに合わせて飾ってみてくださいね。

まとめ

女の子の二人目にはお雛様が必要となりますが
住宅事情の関係もあって購入が無理な人も多いです。
そのような場合は市松人形を購入したり
コンパクトなお雛様でも大丈夫です。

二人目となるとつるし雛が人気でお雛様と
一緒に飾ることができて場所も取りませんし
出すのも片付けもとても楽です。
収納スペースに困っている人にもおすすめです。

正しい飾り方に特に決まりはありませんので
お好みのつるし雛を長女のお雛様と一緒に
飾って楽しい雛祭りを迎えてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑