入学祝いのお返しは必要?手紙を贈ればいい?いつまでにやるもの?

公開日: 

子供が4月から小学校に入学することになりました。

入学祝いをもらったけれどお返しは必要なのかな?
写真付きのお手紙を書くなら書き方は?
入学祝いのお返しをするとしたらいつまでにするの?

そこで、入学祝いのお返しについてまとめてみました。

スポンサードリンク

入学祝いのお返しは必要なのか?

子供が学校に入学するのにあたり
色々とお金がかかってきますよね。
そこで、入学祝いをもらうと親も入学の準備に当てたり
色々と役に立つことが多いです。

でも、入学祝いをもらったのは嬉しいけれど
お返しは必要なのか疑問を持つ人も多いです。
 
 
 
結論から言うと入学祝いのお返しは必要ありません。
どうして入学祝いのお返しが必要でないかというと
子供には経済能力がないからです。

入学祝いをもらったのはあくまでも子供であり
子供は経済能力がないためお返しをする義務はないからです。
 
 
 
ただし、いくら入学祝いのお返しが必要ないからと言って
もらいっぱなしのままではいけません。

きちんとお礼の気持ちは伝えることが大切です。
入学祝いをもらっておきながら無反応というのは
相手に対して失礼に当たります。
 
 
 
なので、入学祝いをもらったらまずは
電話で感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。
子供にも電話に出てもらってしっかりと
「ありがとう」の一言を相手に伝えるようにしてください。
 
 
 
実際、正しいマナーを守って入学祝いのお返しをしなくても
気が利かない嫁だと思われてしまうのではないか
心配になる人もいますよね。

お祝いを贈ったらお返しがくるのは当たり前だと
思っている人も少なくありませんから。
 
 
 
そういう場合は、入学祝いをもらったら
お返しした方が無難だといえます。

そうすれば、後からチクチク言われることもありませんし
最低限のマナーを抑えておけば確実です。

入学祝いのお返しをしたいなら写真付きの手紙がおすすめ!

入学祝いのお返しを考えているのであれば
一番おすすめなのは写真付きの手紙です。

写真は入学式の記念写真や入学祝いで頂いた物を
実際に子供が使っている写真がよいです。
 
 
 
手紙の内容も子供の直筆で「ありがとう」
お礼の言葉を書いてもらうと入学祝いを贈った人も
喜んでくれること間違いありません。

これなら、入学祝いのお返しの品物を準備するよりも簡単
心がこもっているお返しだと言えます。
 
 
 
あとは、親がきちんとした内容の手紙を一緒に
同封すれば素敵な入学祝いのお返しとなるわけです。

また、普段手紙を書かないという人であれば
手紙の書き方が曖昧でどのように書けばいいのか悩みますよね。

そこで、ここからは手紙の書き方についてご紹介します。

〇手紙の書き方の基本

スポンサードリンク

1.季節の挨拶
2.お礼の言葉
3.入学式の報告、頂いたものを使っている様子
4.結びの挨拶

 
 
 
では、この基本を元に例文をご紹介していきます。

1.寒さの中にも春の気配を感じる季節となりました。
いかがお過ごしでしょうか。

この度は入学祝いをいただき、ありがとうございました。
無事、入学式も終わり毎日元気に学校に通っています。
季節の変わり目、体調など崩されませんように。

 
 
 
2.ようやく春の気配を肌で感じられるようになりましたが
いかがお過ごしでしょうか。

この度は入学にあたり温かいお心遣いをいただき
ありがとうございました。
無事に入学式を迎えることができ、すでにお友達もできたようで
毎日楽しそうに学校へ通っています。

〇〇様も季節の変わり目ですのでお体にはご自愛くださいませ。

この例文を参考に写真付きの手紙を完成させてみてくださいね。

入学祝いのお返しをするならいつまでにするべき?

入学祝いのお返しを手紙ではなく内祝いで贈るとなると
いつまでに行えばいいのかわからない人も多いです。

一般的に入学式のお返しはいつまでかというと
4月下旬までに贈る人が多いです。

遅くても入学式が終わってから1ヶ月以内に返すのが
マナーだと言われています。
 
 
 
ちなみにお祝いのお返しの金額というのは
入学祝いで頂いた金額の3割程度になります。
なので、金額の3割程度の品物を選ぶ必要があるのです。

入学祝いのお返しの品物でおすすめなのは
お住まいの地域の有名な名産物を贈ると喜ばれたりします。

 
 
ただし、相手の好みや価値観の違いもあるため
できれば親または旦那さんを通して情報収集しておくべきです。
そこから相手が喜びそうなものを贈るのが一番だと言えます。

入学祝いのお返しの品物で一般的なのは
お菓子や紅茶、ギフトカードといったところです。
 
 
 


両親、または叔父叔母など年配の方にはお菓子がおすすめで
いとこや友人などの同世代なら紅茶・洋菓子のギフトを
選ぶ人が多いです。

入学祝いで高額のお返しになる場合は
ギフトカードにしている人が多いと言えます。

 
 
入学祝いのお返しは内祝いとして贈りますが
プレゼントとは異なるため後に残らないものを贈りましょう。

あと、のしは「内祝い」で下には子供の名前を書きます。
水引は蝶結びにしてくださいね。
これで入学祝いのお返しをいつまでに
準備すればよいかは大丈夫ですね。

まとめ

入学祝いのお返しは基本的に必要ありませんが
お返しを贈らないことに抵抗がある人は
贈っておいた方が無難です。

お返しは写真付きの手紙でも十分気持ちが伝わります。
内祝いとして品物を贈るのであれば
後に残らない物を贈り相手の好みもリサーチしておきましょう。

色々と気を遣うことが多いですが
これもすべて貸し借りとなりますので
最低限のマナーは守っておきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑