ネギの栄養は風邪に効く?食べ過ぎはダメ?青と白の部分の違いは?

公開日: 

風邪にはネギが効果的なイメージがある。

でも、ネギの栄養は本当に風邪に効果があるの?
ネギを食べ過ぎると体に何か負担がかかる?
ネギは青の部分と白の部分どっちが栄養豊富?

そこで、ネギについてまとめてみました。

スポンサードリンク

ネギの栄養成分は風邪予防に効果があるの?

風邪予防のために食事に気をつける人は多いですよね。
また、風邪をひいてしまったら風邪に効果のある食材を
多く取り入れて早く治したいと思う人は多いです。

風邪に効く食材と言えばネギを連想する人も多いです。
ネギの栄養成分は本当に風邪に効果があるのか
よくわからない人もいます。

そこで、ここからはネギの栄養成分についてご紹介します。
 
 
 
〇ネギの栄養成分

ビタミンA
ビタミンC
βカロテン
カルシウム

 
 
 
〇臭いの素

アリシン
 
 
 
アリシンという成分はビタミンB1の吸収を
助けてくれる効果があります。
これらの栄養素は血行をよくしてくれて
疲労物質の乳酸を分解する効果があります。

よって、ネギの栄養成分は風邪に効果があるといえるのです。
 
 
 
よく風邪をひいたときにネギを焼いたものを
首に巻くと風邪が早く治る
と言われていますよね。

ですが、これは医学的な根拠は特になく
皮膚を通して血液中に吸収されるとは考えにくいです。
そのため、あまり効果はないと言えます。

なので、ネギは首に巻くよりも食べた方が
効率よく体に栄養素を取り入れることができるので
風邪予防や風邪をひいてからでも
ネギを食べるように心がけましょう。
 
 
 
ネギの栄養素を壊さずに体内に吸収させたいとなると
調理法も気をつけることがあるのか心配になりますよね。

ネギの栄養素は熱に弱く水に溶けやすい性質です。
また、匂いの成分であるアリシン
揮発性なので調理する直前に切って食べるのが
一番栄養素を体内に取り入れることができるのです。

そのため、ネギ鍋などをするときも
あまり火を通さないで食べた方が栄養価は高いと言えます。

ネギを食べるときは細かく刻むのがポイントであり
細かく刻むことで匂いの成分であるアリシンを
より多く取りこむことができるのです。

どうしても火を通す料理の場合は
スープにしてスープもすべて飲むことができるものにしましょう。
これでネギの栄養をすべて取り入れることができて
風邪予防に効果を発揮してくれます。
 
 
 
ネギは風邪予防に効果がありますが
他にも効果が色々とありますのでご紹介しますね。
 
 
 
免疫力向上
・発汗促進
・胃液の分泌促進

・動脈硬化の予防
・血栓を溶かして血液循環を良好にする
・疲労回復

ネギを食べることは身体にいい栄養成分が多いといえるので
ぜひ毎日の食事に取り入れてみてくださいね。

スポンサードリンク

ネギの食べ過ぎは体に良くない?

ネギは身体によい食べ物となると多く摂取したいですよね。
でも、ネギを食べ過ぎると体に何か影響が出るのではないか
心配になる人もいますよね。
 
 
 
どんな食材であっても基本的に食べ過ぎはよくありません。
よって、ネギを食べ過ぎることは身体にいいとは言えません。

ネギの辛みの成分は血行を促進してくれ
殺菌作用もありますが食べ過ぎてしまうと
胃粘膜が荒れてしまうことがあるのです。

そのため、ネギを食べ過ぎると胃痛がする人もいます。
よって、もともと胃が弱いという体質の人は
ネギの食べ過ぎには気をつけましょう。
 
 
 
胃が弱い人でネギを食べるときは
加熱してから食べると胃痛を防ぐことができます。

加熱した方が食べる量自体も減りますし
たくさん食べる予定であれば加熱した方が安全です。
 
 
 
また、ネギを食べ過ぎると口臭も気にしなくてはいけません。
口の中にネギが残っていると臭いがいつまでも残ります。
さらに、ネギが体内で消化・吸収されたもの
呼吸をすることによって出てくる可能性が高いです。
 
 
 
よって、ネギの食べ過ぎの後の臭い対策としては
食前食後に歯磨きをしてみたり
緑茶を飲んだり、牛乳を飲むなど行った方がよいです。

市販ではブレスケアなど口臭予防対策アイテムがありますし
ガムなら手軽に口臭対策をすることができますね。
 
 
 
ネギは生に近いほど栄養価が高いですが
どうしても臭いが気になるという人であれば
加熱をすると臭いにくくなりますので
自分の予定を調整して調理法を変えてみましょう。

ネギの青の部分と白の部分は栄養成分が違うの?

ネギは青の部分と白の部分がありますよね。
この色の違いによって栄養成分が異なるのか
疑問に思う人も多いです。
 
 
 
ネギの青の部分は主にβカロテンが多いです。
他の栄養成分はカリウム・葉酸・ビタミンK・カルシウムです。

特徴としては香りが強く、固いので
炒め物や薬味として活用すると美味しく食べることができます。

ネギの青の部分に含まれているβカロテンは
夜盲症というとりめの症状の予防に期待ができます。
また、ネバネバ成分があるので粘膜や皮膚の健康にも欠かせません。

よって、免疫力を高めてくれるので
今まで捨てていた人もネギの青の部分を食べるようにしてみましょう。
 
 
 
ネギの白の部分は主にアリシンが多いです。
そして、カルシウムやカリウムも含まれています。
 
 
 
このように、ネギの青の部分と白の部分を比較してみると
青の部分は栄養が豊富であることがわかります。

とはいえ、どちらにも体によい栄養が多いので
すべて食べるように心がけてみてください。

料理のメニューによっても使い分けることができますので
毎日の食事で上手にネギを活用していきましょう。

まとめ

ネギの栄養成分は風邪に効果があるもので
首にネギを巻くよりは食した方が良いと言えます。

また、ネギに限らずどの食材であっても食べ過ぎはよくありませんし
胃が弱い人であれば注意が必要となります。

そして、青の部分と白の部分では青の部分が栄養は豊富です。
そのため、今まで青の部分を活用していなかった人も
ぜひネギ1本すべて使ってみるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑