赤ちゃんの突発性発疹の特徴は?いつまで続く?高熱時の水分補給は?

公開日: 

子供が突発性発疹のような症状がある。

突発性発疹の特徴ってどんなもの?
熱は高いし発疹も痛々しいけれどいつまで続くの?
高熱の時の水分補給の仕方はどうするべき?

そこで、突発性発疹についてまとめてみました。

スポンサードリンク

赤ちゃんの突発性発疹の特徴は?

赤ちゃんが初めての病気ともいえる突発性発疹
生後半年から1歳半までにみんながかかる
言われている病気です。

その特徴としては赤ちゃんは高熱が3日から4日ほど続き
その後1日から3日以内に身体に発疹ができます。

私の子供たちも2人とも突発性発疹を経験しています。
39℃の高熱が3日も続き子供はとても辛そうでしたよ。
普通の風邪だと熱は上がったり下がったりします
突発性発疹の特徴は熱が下がりません。

よって、病院から処方されている解熱剤を使用しても
まったく熱が下がらないのが特徴です。
 
 
 
ついこの間、私の娘が突発性発疹にかかりましたが
3日間39℃の高熱が続き解熱剤を服用しても
38℃までしか下がりませんでした。

突発性発疹は特別の治療法がありませんので
とにかく3日ほど熱に耐えてもらうしかないのです。

よって、赤ちゃんがいつも通りの食事が出来ていて
元気があるのであれば様子を見るのが一般的です。

でも、40℃近い高熱があるときは
一度小児科を受診してみてもらいましょう。 
 
 
 
私の娘も3日間高熱が続きましたが
下痢以外は症状がありませんでしたので
病院では解熱剤と整腸剤の処方で終わりました。

3日後もまだ熱があったので
ばい菌の検査をしてみましたが
やはりウイルスが原因と言われましたので
抗生剤を処方することはありませんでした。

基本的に様々なウイルスは抗生剤の効果はありませんので
無闇に身体のばい菌を殺すお薬を服用する
必要はないのです。

高熱が続くと親はとても心配ですよね。
私の息子は熱性けいれんを経験しているので
娘もいつ突発性発疹で熱性けいれんになるか
ドキドキして過ごしていましたよ。

なので、高熱が出たら一度は必ず病院を受診して
医師に診断してもらいましょう。
 
 
 
また、高熱が3日間も続いて抗生剤を処方されず
子供が心配だからと大きな病院や救急を利用する人もいます
個人病院の先生もきちんと子供の症状を診断していますので
焦って色々な病院を受診する必要はありません。

お薬が処方されているのでしたらそれを服用し
脱水症状や嘔吐など様態が急変した時だけ
利用するようにしてください。

大きな病院や救急は地域の病院と連携しているところが多く
軽症でこのような病院を受診すると重症で受診している人に
迷惑をかけてしまいます。

そして、子供も車で移動したり待ち時間が長いことで
疲れてしまいますのでやめてくださいね。

心配なら#8000に電話をしてみて
今の子供の状態と対処法を聞いてみるのがよいです。
 
 
 
熱が下がったら後は発疹が出始めますので
突発性発疹ももう少しで終わりが見えてきます。
なので、子供の機嫌を取りながらもう少しだけ頑張りましょう。

突発性発疹はいつまで続くのか?

突発性発疹というのは別名「不機嫌病」とも言われます。
高熱も苦しいですし、発疹が出てからも不機嫌が続きます。

スポンサードリンク

子供のぐずぐずは親からすればとても辛いですよね。
このぐずぐずは一体いつまで続くのか知りたい人は多いです。
 
 
 
突発性発疹がいつまで続くかと言えば
高熱は3日から4日で発疹が出てからは2日から3日です。
この間はずっと子供の機嫌は悪いので
1週間は子供に付き合うことを覚悟することが大切です。

私は2人の子供を育てましたが
上の子の時は高熱が出てもさほどぐずりが少なく
発疹が出てから4日ほどぐずぐずが続きました。

下の子は高熱がとても辛かったのか
高熱が出ていた3日間のぐずぐずはとてもひどく
その間は1日中、抱っことおんぶで過ごしていました。

発疹が出てからは寝起きがとても悪く
朝は全く家事ができないほどぐずぐずが酷いです。
やっぱり4日は続きますね。

なので、1週間は主人も協力して家事や育児を
進めていかないと母親の負担が大きすぎ
逆に母親が倒れてしまいます。

突発性発疹がいつまで続くかは個人差があります。
症状が軽い子供もいれば1週間近くぐずぐずが
続きますので突発性発疹になったら覚悟して
子供との時間を一緒に過ごしましょう。

赤ちゃんが高熱を出した時の水分補給の仕方は?

突発性発疹は高熱が出ますが
赤ちゃんの場合、高熱が出た時は脱水に気をつける必要があります。
よって、こまめに水分補給をしないといけません。

体内の水分量はとても大切です。
尿以外に皮膚や呼吸からも発熱時にたくさんの水分が出てしまいます。
 
 
 

母乳の人であれば赤ちゃんにしっかりと母乳を
飲ませればカバーすることができます。

母乳を卒業している赤ちゃんの場合ですと
経口補水液などを利用して
水分補給をしてあげることが必要となります。

経口補水液は水分補給の他に体内で不足している
電解質を補給してくれる飲み物なのです。

塩と砂糖が混ざった味なのですが
高熱を出した子供に飲ませるのが効果的です。
 
 
 
私の場合は、母乳とミルクが終わってからの
突発性発疹でしたので子供用のイオン水を飲ませていました。
味も子供向けなのでよく飲んでくれましたよ。

あとは、お茶や野菜スープなどをいつもよりも回数を多くして
水分補給を行うことができます。

ママでしたら普段からどのくらいお茶を飲んでいるのか
分かっているはずですのでいつもよりも多めの量
飲ませてあげるようにしましょう。
 
 
 
赤ちゃんが脱水症状になっている目安は皮膚で判断します。
赤ちゃんというのは皮膚が常にハリがあってみずみずしいです。
それが、しわっぽくなっていると脱水症状になっています。
このようになる前にきちんと水分補給をしてあげましょう。

赤ちゃんは基本的に一度にたくさんの水分を取ることができません。
よって、こまめに飲ませることが大切です。
赤ちゃんは大人のように水分が欲しいというサインが出せませんので
よく観察しながら水分補給を行ってくださいね。

まとめ

突発性発疹の特徴は高熱が3日程度続いたあとに
発疹が出るのが特徴です。

個人差もありますが1週間程度機嫌が悪いのが続きます。
よって、普段の生活を送ることは難しいので
突発性発疹が治るまで子供との時間を過ごすようにしましょう。

また、高熱の際は脱水症状になっていないか観察をしてください。
こまめに水分補給を行って脱水症状にならないように
気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑