卒業式の母親の服装マナーでストッキングは?伝線予防は?選び方は?

公開日: 

小学生の息子の卒業式が近々ある。

卒業式の母親の服装マナーでストッキングの色は?
ストッキングは伝線しやすいから予防や応急処置のやり方は?
ストッキングの色の選び方のポイントは?

そこで、卒業式の母親の服装マナーで
ストッキングについてまとめました。

スポンサードリンク

卒業式で母親の服装のマナーでストッキングは何色?

子供の卒業式に出席する母親でしたら
服装マナーをきちんと守る必要があります。

なぜなら、卒業式の卒業証書授与は厳粛な式典だからです。
よって、卒業式に出席する母親の服装マナーは
フォーマルな黒が基本となります。

どのようなスーツを着るか悩む人も多いですが
スーツの他にも服装のマナーで
気をつけなければいけないことがあります。

それは、ストッキングの色です。
スーツをブラックフォーマルにする人は
特に注意が必要となります。

ブラックフォーマルに黒のストッキングを履いてはいけませんよ。
なぜなら、葬式で着る喪服をイメージさせてしまうからです。

よって、卒業式の母親の服装マナーで
ストッキングはベージュ
正しいマナーとなりますので気をつけましょう。
 
 
 
また、ベージュが正しいマナーなら
ストッキングではなくタイツでもいいのか疑問になりますよね。
卒業式はまだまだ寒い季節なので
タイツを履きたいという母親は多いです。

ですが、卒業式の母親の服装マナーでは
ストッキングが正しいマナーとなりますので
いくらベージュであってもタイツよりストッキングを履きましょう。
 
 
 
もし、寒いと感じるのであれば
スカートをやめてパンツスーツにするのがおすすめです。
これならパンツの下に毛糸のパンツなど
温かいものを履いていても見て目ではわかりません。

また、パンツスーツであればタイツであっても
見える部分が少ないので場合によっては有りだったりもします。

とはいえ、まずは卒業式の母親の服装のマナーで
ストッキングの準備もきちんと行ってくださいね。

ストッキングの伝線予防と応急処置の仕方はこう!

ストッキングというのは少しひっかけるだけで
すぐに伝線してしまう消耗品です。
そのため、女性であればもう一つストッキングを
予備に持ち歩きます。

子供の卒業式なのに親はストッキングの伝線のことを
気にしている時間はありませんよね。

なので、ここからはストッキングの伝線予防法をご紹介します。
 
 
 
・卒業式の前日に冷凍庫で冷やす

ストッキングを冷凍庫で冷やすことは伝線予防になります。
これはストッキングの強度を高めることができるのです。
なぜなら、ストッキングのナイロンの糸が縮んで密度が濃くなるので
結果として伝線予防になるのです。
 
 
 
・アイロンをかけておく

ストッキングの伝線予防にはアイロンがおすすめです。
ぬるま湯にサッとストッキングを浸してから
低温でアイロンをかけると伝線予防になります。

これもストッキングの繊維の強度を高めることができ
爪や椅子にひっかけても伝線しにくいのです。
 
 
 
・お酢で洗う

新品のストッキングを酢水に3分ほど浸して
軽く絞ってから陰干しすると伝線予防になります。
干して乾燥するのでお酢の臭みはほとんどありません。

どうしてお酢が伝線予防になるかというと
お酢の柔軟作用によって繊維が滑らかになるので
伝線しにくくなるのです。

なので、時間がある人はストッキングを履く前に
酢水につけて干してみてくださいね。
 
 
 
次にここからは伝線してしまった時の応急処置の仕方
ご紹介していきますので、これをもって卒業式に参加しましょう。
 
 
 
・トップコート

伝線しかかったストッキングにトップコートを塗ることで
伝線が広がっていくのをストップすることができるのです。
ストッキングを履いたまま塗っても問題ありませんし
脱いだ状態で塗っても伸縮しませんので大丈夫です。

ただ、応急処置なのですぐに対処するためにも
履いたままトップコートを塗った方が安心ですね。
 
 
 
・ハードのヘアスプレー

ハードのヘアスプレーをストッキングの伝線した部分に
かけるだけで伝線が広がるのを防ぐことができます。

スポンサードリンク

このヘアスプレーはストッキングを履いてから
かけておいても伝線予防
になりますので
必ず持っていると安心なアイテムと言えますね。
 
 
 
・液体のり

液体のりでもストッキングの伝線を応急処置することができます。
ただし、トップコートやヘアスプレーよりは速乾性がないので
乾くまでに時間がかかるのが欠点と言えます。

なので、式典中の長い時間に少し塗る程度でしたら
問題はありませんので持っておくと安心ですね。
 
 
 
このように、ストッキングは伝線しやすいと誰もが知っていますが
履く前に予防法したり応急処置のやり方を知っていると
困った時も安心ですよね。

なので、卒業式に出席するときは
万が一に備えて応急処置のアイテムは持っておくべきです。

ストッキングの色の選び方は?

ストッキングを選ぶ時ってどれが自分に似合うものか
よくわかりませんよね。

ベージュのストッキングと一口にいっても
ベージュには薄い色から濃い色まで様々あります。

なので、少しでもきれいなママに見せたいなら
ストッキングの色の選び方にも注意が必要となります。

そこで、ここからはストッキングの色の選び方をご紹介します。
 
 
 
・ストッキングの色は腕の内側の色に近いものを選ぶ

自分の脚の色ってよくわからないものですよね。
なので、色で悩んだらまずは腕の内側の色に近いものを選ぶ
失敗はありませんよ。

なので、サンプルのストッキングを伸ばして
自分の腕の内側に当ててみましょう。
そうするとぴったりな色を選ぶことができます。

よって、パッケージの色をそのまま信じてはいけません。
実際に履いてみたら自分が思っていた色と違い
濃く見えることが多いのできちんとサンプルで確認してくださいね。
 
 
 
・健康的な脚に見せたいとき

自分の脚を健康に見せたいときストッキングの色は
ピンク系を選ぶのがベストです。
ベージュでもピンクが強いことによって素肌感があり
健康的な脚に見せることができます
 
 
 
・脚に存在感を出したいなら

卒業式でスーツを着るときに脚に存在感を出したいなら
黄色系のベージュを選ぶのがおすすめです。

黄色も強めの物を選ぶことで脚をよりきれいに
見せることができるのです。
 
 
 
・脚が引き締まって見せたいなら

女性であれば少しでも引き締まった脚に見せたいという
願望は強いですよね。

なので、ベージュでも少しワントーン暗い色
選ぶことによって引き締め効果を得ることができます。
結果、素足風でありつつスリムな脚に見せることができます。
 
 
 
あとは、自分にぴったりあったサイズを選ぶことが大切です。
ストッキングのサイズには「S~M」や「M~L」などの
表記がありますがこれは注意が必要です。

「S~M」というのは基本的にMサイズに近いサイズで作られており
「M~L」というのはLサイズに近いサイズです。
なので、できるだけ自分のサイズに近いものを厳選しましょう。
 
 
 
そして、伝線しにくいストッキングを準備すれば完璧です。
伝線しにくいストッキングは基本的につま先が
補強してあるものです。

また、外国製のインポート商品も比較的伝線しにくいです。
ですが、値段が少し高めと言えますね。

ストッキングは消耗品であると捉えるなら
コストパフォーマンスがいいものを選びたいですよね。

お手頃価格のストッキングなら
グンゼのサブリナシェイプ×伝線しにくいがおすすめです。

あと、福助の満足も伝線しにくくお手頃価格ですよ。
これらのメーカーはメジャーですのでどこでも購入が可能です。

ストッキングの色の選び方のポイントをここで学んだので
これで失敗することはありませんね。

まとめ

卒業式で母親の服装マナーは細かいところまで
注意が必要でありストッキングは見落としがちです。
ストッキングの色はベージュが正しいマナーであり
タイツは履いてはいけません。

また、ストッキングは伝線しやすいですが
履く前に予防法を行ったりすれば長持ちします。
そして、伝線した時も応急処置を知っていれば
焦ってストッキングを履き替える心配はいりません。

あとは、ストッキングの選び方に気をつけて
卒業式の準備を進めていきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑