妊娠中に足がつる原因は?こむら返り対策で食べ物は?予防に運動?

公開日: 

妊娠してからよく足をつるようになった。

妊娠中に足がつる原因って何が考えられるの?
こむら返りというみたいけれど対策としておすすめの食べ物は?
こむら返りの予防をするなら運動も必要なの?

そこで、妊娠中に足がつる原因をまとめました。

スポンサードリンク

妊娠中に足がつる原因は何?

足がつるのはとても痛くて経験した人にしか辛さがわかりません。
特に妊娠中というのはとても足がつりやすく
これは生理現象とも言えます。

この足がつる現象をこむら返りと言いますが
原因は様々ありますので具体的に内容をご紹介していきます。
 
 
 
・足の筋肉に負担がかかるため

お腹の赤ちゃんが大きく成長してくると体重が増えますので
足の筋肉に負担がかかります。

よって、お腹が大きくなればなるほど
下半身に負荷がかかるので血流を悪くしてしまい
足がつる原因となるのです。

よって、長時間の歩行や運動は避けた方がよく
自宅でゆっくり休むようにしてください。
 
 
 
・骨盤のゆるみ

赤ちゃんが成長していくのに従ってお母さんの骨盤を
内側から広げられていくので骨盤がゆるんでいきます。

赤ちゃんが骨盤を広げていくのは自然現象なので
骨盤を締めることで足がつるのを防ぐことができます。
そのため、腹帯がありますので正しく使って
骨盤をきちんと締めてくださいね。

腹帯はゆるいものからきついものまで様々あります。
できるだけきちんとサポートできるものを選びましょう。
 
 
 
・筋肉疲労

妊娠中は身体の変化がとても大きいので様々な負担があります。
よって、筋肉疲労を起こしやすい状態と言えますので
入浴中にマッサージなどをして足の疲労をためないようにすると
足のつるのを防ぐことができます。
 
 
 
・食生活

妊娠をすると赤ちゃんに母親の栄養がどんどん送られて
母親が栄養不足になりがちです。

特に赤ちゃんというのはカルシウムやマグネシウム
率先して持っていきますので母親はこの不足している
栄養を補っていく必要があるのです。

私の場合、足がつる原因はカルシウム不足と
医師から言われました。
なので、カルシウムをいつも以上に摂取するのを
心がけたら改善されましたよ。

また、妊娠中は鉄分やミネラルも大切なので
様々な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。
 
 
 
・体の冷え

体の冷えも足のつる原因となります。
よって、血流を促進することが大切です。
冷え性の体質の人であればいつもより温かい格好をして
ブランケットやレックウォーマーなどを活用しましょう。
 
 
 
このように、妊娠中に足がつる原因というのは様々あります。
自分がどれに当てはまるのかきちんと確認をして
対策を行ってみましょう。
 
 
 
もし足がつる頻度が多く症状がひどいという人は
病院を受診してください。

こむら返りで済めばよいですがあまりにも痛みが強いと
肉離れを起こしている可能性も出てきます。

よって、医師にきちんと判断してもらい
どのような対策をすればいいのか聞きましょう。
 
 
 
また、足がつったらすぐにでも治したいと思いますよね。
そこで、応急処置の仕方を知っておくと痛みをすぐに
和らげることができるので覚えておきましょう。
 
 
 
1.上半身だけを起こして壁を向いてください。
2.足を伸ばして足の裏を壁に押し付けます。
3.かかとまでしっかりとつけて壁に1分くらい押し続けます。
4.症状が和らいだら足を離しても大丈夫です。

動画で確認するとわかりやすいですよ。

これを知っておけばすぐに対処することができますので
実践してみてくださいね。

スポンサードリンク

こむら返りの対策で何の食べ物がおすすめ?

こむら返りをできるだけ減らしたいと思う人は
何かしらの対策をする必要がありますよね。

普段の食事で改善されるのであれば
どのような食べ物を積極的に取り入れればいいのか
気になってきますよね。
 
 
 
私の場合、1人目の時は特に対策をしなかったので
妊娠後期は毎晩、こむら返りに苦しんでいました。

でも、2人目の時に医師からカルシウム不足と言われたので
毎日の食べ物と飲み物に気をつけてみましたよ。

妊娠中はカルシウム入りの飲むヨーグルトを1杯
カルシウム+葉酸+鉄分入りの牛乳を1杯
これで気持ち的には1日分のカルシウムを摂取。
そして、昼食や夕食で必ず魚の切り身を食べ続けました。

間食は小魚とアーモンドが入っているものをポリポリ。
これを続けた結果、2人目を妊娠中はこむら返りをすることなく
出産を迎えることができましたよ。

症状が出てから対策を行っても間に合いますので
こむら返りが始まったなと思った人は試してみてくださいね。
 
 
 
こむら返りの対策でおすすめの食べ物は
今ご紹介した乳製品や魚類ですが
野菜などでしたら大根や小松菜にも多く含まれています。

毎日摂取をしなければやはりこむら返りは出てきますので
栄養バランスを考えて色々なカルシウムを摂取してみましょう。

カルシウムやマグネシウムを意識した食べ物を
率先して取り入れていくことが対策につながります。
 
 
 
あと、ビタミンB1が含まれている食べ物も
積極的に摂取することが大切です。

ニンニクや玉ねぎ、らっきょう、二ラなどに
含まれていますので食事のメニューに取り入れてみてください。
 
 
 
妊娠中は食事制限をしなければいけないことも多いので
少量であってもバランスよく色々なものを
摂取しておなかの赤ちゃんに栄養を届けてくださいね。

こむら返りの予防に運動も必要?

こむら返りの予防をしたいけれど運動をしないといけないのか
疑問に思う人もいますよね。

妊娠中はお腹も重いですし
身動きを取るのも大変なことが多いです。

その中で運動が必要になってくるとなると
結構つらいものがありますよね。
 
 
 
私の場合、こむら返りがありましたが運動はできませんでした。
なぜなら、切迫早産で絶対安静だったからです。
でも、こむら返りがありましたので食事で改善しました。

私のように切迫早産の恐れがない人であれば
軽い運動をしたほうがこむら返りを改善することができます。
 
 
 
少しお散歩に出てみたり、マタニティ―ヨガをしてみると
体の血流をよくすることができるので
こむら返りの予防の運動となります。

私も1人目の時にマタニティ―ヨガのDVDを購入して
やってみましたがじんわりと汗を書くことができ
血流がよくなりましたよ。
 
 
 
季節によっては運動をしたいけれど無理な場合もありますよね。
そのような時は運動の代わりに足湯をするのがおすすめです。
足の血行をよくすることができますし
体を温めることができます。

また、半身浴も汗をかけますし血流をよくすることができます。
汗をかいたらスポーツドリンクを飲んで必ず
水分補給をしてくださいね。

妊娠中は水分補給がとても大切になってきます。
汗をかくことでミネラルが多く失われてしまいます。

よって、スポーツドリンクなどで補給してあげないと
ミネラルバランスが崩れて足がつる原因となりますから
運動をしたらこまめに水分補給をするようにしましょう。
 
 
 
あとは、自分の体調を相談しながらこむら返りの予防のために
運動を取り入れてみてくださいね。

まとめ

妊娠中に足がつることをこむら返りと言いますが
これは自然現象で多くの人が経験します。
症状がひどいなら病院を受診するべきですが
応急処置の仕方を覚えておくと便利です。

こむら返りは食べ物や飲み物、運動によって
改善することができます。
なので、自分の体と相談しながらどのような方法が
自分に適しているのか試してみることが大切です。

毎日の生活でこむら返りを改善することはいくらでもできます。
なので、辛いと感じたら食事や運動などを実践して
出産まで頑張ってみましょう。
マタニティーライフはあっという間なので楽しく過ごしてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑