レッスンバッグはキルティングがいい?大きさは?簡単な作り方は?

公開日: 

春から息子が幼稚園に入園するのでレッスンバッグを手作りしたい。

レッスンバッグはキルティング素材で作るのがいいの?
大きさはどのくらいにすると便利なのかな?
簡単な作り方が知りたいな。

そこで、レッスンバッグについてまとめてみました。

スポンサードリンク

レッスンバッグはキルティングの生地がいいの?

幼稚園の入園準備に当たって
レッスンバッグを用意する必要がありますよね。

市販の物だと他の子供と被ってしまったりするので
どうせならオリジナルで自分が納得のいく
レッスンバッグを手作りしたいですよね。

私もキャラクターの生地で作られているレッスンバッグが
あまり好きではありませんので手作りしてみましたよ。

レッスンバッグはキルティング素材で作られているのが多いです。
幼稚園から特に指定がないのであれば
キルティング素材でレッスンバッグを作る必要はありません。
親の好みとなりますので好きな生地で作って大丈夫です。
 
 
 
でも、幼稚園に持っていくレッスンバッグは
キルティング素材を使っている人がとても多いです。

どうしてレッスンバッグはキルティングを選ぶ人が
多いのか気になりますよね。

それは、幼稚園児など元気で活発な子供たちに
適している素材
だからです。
多少乱暴に扱っても長持ちするのが特徴です。
そのため、キルティング素材を選ぶ人が多いのです。
 
 
 
しかし、キルティングにはメリットとデメリットがあります。
なので、どちらもきちんと把握しておくようにしましょう。
 
 
 
キルティングのメリット

・長持ちする
・重い荷物を入れてもへたりにくい
・中のものが破損しにくい
・裏地がいらないので簡単に作ることができる

 
 
 
キルティングのデメリット

・生地の種類が少ないので気に入るのがあるかわからない
・子どもっぽいデザインが多いため小学校まで使えない
・洗濯をした後なかなか乾かない

 
 
 
また、レッスンバッグを普通生地で作るときの
メリットとデメリット
もご紹介しますね。
 
 
 
普通生地のメリット

・生地の種類が豊富なのでお気に入りが見つかりやすい
・小さくおりたためる
・洗濯してもすぐに乾く
・ミシンがなくても手縫いで作ることができる

 
 
 
普通生地のデメリット

・キルティングより丈夫でない
・重い荷物を入れると生地が伸びやすい
・裏地や接着芯をつけないといけないので
裁縫初心者には不向き

 
 
 
このように、レッスンバッグの生地選びに当たり
それぞれメリットとデメリットがありますので
きちんとどちらも把握してから生地を選ぶようにしましょう。

レッスンバッグの大きさは大きめがいいの?

幼稚園側でレッスンバッグの大きさに対して特に指定がないなら
どこまで大きく作るといいのかわかりませんよね。

子供には使いやすいレッスンバッグを持たせたいからこそ
大きさが気になるものです。

一般的なレッスンバッグの大きさ
縦30cm×横40cmとなっています。
 
 
 
私の経験からレッスンバッグは大きめが正解だと思いましたよ。
私の息子の幼稚園では長期休みになると
お道具箱を持ち帰ります。
そして、毎月雑誌や本も持ち帰ります。

幼稚園側ではこのくらいのサイズで!
と入園準備のしおりに書いていましたが
園長は「子供たちが使いやすい大きさにしてあげてください。」
と言っていました。

私は、しおりに書いているサイズで作ったら
少し小さめに出来てしまったので余裕をもって
大きめに作った方が使いやすいと言えますよ。
 
 
 
なので、幼稚園ではレッスンバッグに主に何をいれるのか
わからないときは問い合わせてから大きさを決めて
作るのが無難だと言えます。

初心者向け レッスンバッグの簡単な作り方はこう!

普段からお裁縫をする人であれば
レッスンバッグもすぐに作ることができますが
滅多にミシンを使う機会がないなら簡単な作り方
失敗が少ない方法でレッスンバッグを作りたいですよね。

私も、裁縫は好きですが雑ですし
ミシンなんて何かの行事がない限りは使いません。

なので、ここからは初心者向けのレッスンバッグの
作り方
をご紹介していきますので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

裁縫初心者であればキルティング素材で
裏地なし、マチなし
のレッスンバッグだと簡単に作れます。
私が作ったのはこんな感じですよ。

レッスンバッグ・キルティング
 
 
 
〇材料

キルティング上部分:23cm×42cm 2枚
キルティング下部分:22cm×42cm

スポンサードリンク

紐         40cm    2本
アップリケ
名前用アップリケ

ミシン
アイロン
裁縫セット

*私はリバーシブルのキルティングを使いました。
そして、反省点からこのサイズよりも
大きめに作ることをおすすめします。
 
 
 
〇作り方

1.キルティングや紐を必要な大きさにカットしてください。
1
 
 
 
2.キルティングの上部分と下部分を中表に合わせます。
待針を使って固定をしたら縫い代1cmのところにしるしをつけます。
2
 
 
 
3.ミシンで縫ってからアイロンを使って縫い代を広げてください。
3
 
 
 
4.もう一枚の上部分を中表に合わせて待針で固定したら
縫い代1cmのところにしるしをつけてください。
4
 
 
 
5.ミシンで縫った後、アイロンをかけると1枚の布になります。
5
 
 
 
6.裏側はこのようになります。
6
 
 
 
7.生地を半分に折り裏にしてください。
待針で固定して両端1cmの縫い代にしるしをつけます。
7
 
 
 
8.両端をミシンで縫うとこのようになります。
8
 
 
 
9.袋をひっくり返すと少しずつイメージに近づきますよ。
9
 
 
 
10.裏に戻し口の部分を1cm折ってアイロンをかけます。
10
 
 
 
11.さらに2cm折りアイロンをかけて待針で固定してください。
11
 
 
 
12.紐をつけていきます。
バッグの真ん中から両サイド6cmのところに
紐をつけるので固定してください。
反対側も同様に行いましょう。
12
 
 
 
13.ミシンを下の部分にかけます。
1周ミシンをかけるとこのようになります。
13
 
 
 
14.紐を上にあげて待針で固定してください。
14
 
 
 
15.上の部分にミシンを1周かけてください。
15
 
 
 
16.紐の部分はしっかりと縫うために×の形に縫います。
16
 
 
 
17.レッスンバッグをひっくり返して完成です。
あとはアップリケや名前用アップリケをアイロンで
貼り付けて完成となります。
17
 
 
 
いかがでしたか?
とても簡単にレッスンバッグを作ることができましたね。
私の場合は、1時間半くらいで作成することができました。

そして、スーパーこまちのアップリケは
ポケットになっているもの
なので
特別ポケットを作る必要もありません。

色々なアップリケがインターネットだと購入することが
できるのでぜひ子どもの好きなキャラクターを
見つけてみてくださいね。

まとめ

幼稚園入園準備でレッスンバッグは
キルティング素材を選ぶとわんぱくな子供でも
長く使うことができるのでおすすめです。

大きさは指定がない限りは大きめに作った方が
子供も親も使いやすいと言えます。

簡単な作り方としてはキルティングだと
裏地が必要ありませんしマチがなくても
大丈夫なのでぜひ作ってみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑