インフルエンザ予防接種後に運動はなぜダメ?腫れがひどかったら?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

インフルエンザの予防接種を流行する前に打たないと。

インフルエンザ予防接種後は激しい運動はダメ?
なぜ運動をしてはいけないのかな?
予防接種後に腫れたりしたらどうしたらいいの?

そこで、インフルエンザの予防接種の
注意事項をまとめてみました。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種後に運動はよい?

インフルエンザは毎年流行して
子供がいる家庭でしたら学校が学級閉鎖になることもあります。
できればインフルエンザの流行にはのりたくないですよね。

なので、家族感染を防ぐために
インフルエンザの予防接種をする人も多いです。
しかし、インフルエンザの予防接種するにあたりの注意事項
きちんと確認していない人が多いです。

インフルエンザの予防接種をした後
激しい運動を控えないといけません。
そのため、部活をしている子供の場合
その日だけは運動ができないのでゆっくり休ませます。

よく激しい運動はどのくらいのものか?
と疑問を持つ人も多いですが
マラソンや400mを全力疾走するくらいを想定しています。

他にも大人で気をつけなければいけないことは
過度の飲酒や喫煙です。
これらは体調を崩す原因となりますので
予防接種をした当日は控えるのが理想です。

インフルエンザの予防接種をした後の身体は
とても敏感な状態になっています。
そのため、日常生活で気をつけなければならないことを
きちんと守りましょう。

インフルエンザの予防接種後の運動はなぜいけない?

インフルエンザの予防接種後の
運動はしてはいけないみたいだけれど
なぜいけないのかよくわからない人も多いです。

インフルエンザの予防接種後に
なぜ運動をしてはいけないのかというと
運動が原因で体調が悪くなったのか
それとも副作用で体調が悪くなったのか区別がつきにくいからです。

他にも、なぜ運動をしてはいけないのかという理由は
運動することによって体が疲労をしてしまい
免疫をうまく作ることができない可能性があるからです。

スポンサードリンク

そのため、免疫ができないことで
インフルエンザに感染してしまう可能性が出てきます。

せっかくインフルエンザの予防接種をしたのですから
免疫ができないのは困りますよね。
それにインフルエンザの予防接種は
任意なのでお金がかかります。

インフルエンザの予防接種が無駄にならないためにも
運動は避けてその日は安静に過ごしましょう。

インフルエンザの予防接種で腫れがひくまで運動はダメ?

インフルエンザの予防接種をすると
接種部位が赤く腫れてしまうことがあります。
この腫れは4日から5日で大体治まります。

インフルエンザの予防接種をして
赤く腫れてしまった場合も運動を控えた方がよいのか?
と疑問を持つ人が多いです。

もし、接種部位が赤く腫れているようでしたら
治るまで運動は控えましょう。
また、入浴中に腫れている場所を
ゴシゴシ擦るのも避けてください。

インフルエンザの予防接種で接種部位が
酷く痛み、熱をもったり蕁麻疹が出たり
嘔吐を繰り返してしまう場合は医療機関を受診しましょう。

インフルエンザの予防接種は基本的に
接種後30分間にアレルギー反応がおきます。
副作用は24時間以内におこると言われています。

発熱は100人に数人で発疹は10人に1人くらいの
確率で現れると言われています。

どのようなものに関しても副作用は必ず出ないとは
言い切れませんので、体調がよくないときは無理をせず
体調がよくなってから予防接種を受けましょう。

まとめ

インフルエンザの予防接種をした後は
激しい運動を控えないといけません。

なぜかというと運動が原因で体調が悪いのか
副作用によって体調が悪いのか区別しにくいからです。
また体の疲労によって免疫ができない可能性があります。

もし、接種部位が赤く腫れてしまったときも
治るまでは運動を控えるようにしましょう。
結論をいえば、予防接種をした日は翌日まで運動をせず
接種部位が腫れたときは4~5日運動を控えてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑