幼稚園の着替え袋のサイズは?ポケットは?簡単に手作りする方法は?

公開日: 

息子が春から幼稚園になるから着替え袋が必要。

幼稚園で使う着替え袋のサイズはどのくらいがいいのかな?
ポケットはあったほうが便利なのかな?
簡単に手作りする方法はあるかな?

そこで、幼稚園で使う着替え袋についてまとめました。

レッスンバッグの作り方はこちらを参照してください
上履き入れの作り方はこちらを参照してください

スポンサードリンク

幼稚園の着替え袋のサイズはどのくらいがいい?

幼稚園の入園準備は色々なものを用意する必要がありますが
着替え袋を手作りしようと思っている人であれば
どのくらいのサイズの物を作ればいいのか疑問が出てきますよね。

幼稚園から指定がなければサイズは自由で構いませんし
子供が使いやすいサイズにしてあげることが一番です。

でも、みんなはどのくらいのサイズで作っているのか
気になると思うので一般的なサイズをご紹介しますね。
 
 
 
市販品の着替え袋は30cm×40cmのものが多いです。
このサイズですとパンツ3枚、Tシャツ2枚、肌着3枚
ズボン2枚、スモック1枚が入ってちょうどよいサイズです。

これよりも少し小さいもので36cm×30cmだと
110cmの体操着上下は余裕で入ります。
ちなみに、170cmの体操着でも入りますので
小学校まで使うことができますね。

ただし、体操着の上下を入れる程度ならいいですが
年少さんは着替えのストックがたくさん必要です。
たくさん汚して着替える回数も多いので
幼稚園で使う着替え袋のサイズは大きめにしておいた方が無難です。
 
 
 
ちなみに、私の息子は入園した時
まだおむつが取れていませんでしたので
パンツにもらして着替えることもありました。

そして、男の子なので毎日泥だらけになって遊び
幼稚園で着替えて帰ってきていましたよ。

さらに、親が持たせた着替え2セットだけでは足りなく
幼稚園から洋服を借りて着替えて帰ってきていましたね。
なので、帰ってきてから泥だらけの洋服の山でした。

なので、着替えは多めに持たせた方がいいですし
着替え袋のサイズは大きめの方が良いと言えます。
私は、小さめに作ってしまったので
着替え袋がパンパンになってしまいました。
 
 
 
入園してから使いにくいと感じないためにも
幼稚園で使う着替え袋のサイズはよく考えて決めましょう。

幼稚園の着替え袋にポケットは必要?

幼稚園で使う着替え袋は色々なデザインのものがありますが
どのようなものを作ろうか始めのうちは悩むことが多いですよね。

また、ポケットは付けた方が子供は使いやすいのか
それともつけなくてもいいのかよくわかりませんよね。
特に、裁縫初心者であればできるだけ簡単に作りたいし
ポケットが本当に必要なのか知りたいですよね。
 
 
 
結論から言うと幼稚園で使う着替え袋にポケットは
特に必要ありません。

なぜなら、子供たちは大人のようにポケットの必要性を
特に感じていないので使いこなすことができないからです。

ポケットがついていた方が可愛らしいデザインだったりしますが
子供には特に必要ないと言えます。
 
 
 
ポケットがあると便利なことと言えば
汚れた洋服やおむつを入れるビニール袋を入れておけます。
ポケットの中に入れれば着替え袋の中で
迷子になりませんしすぐに取り出しが可能です。

でも、着替え袋は幼稚園で保管して先生たちが
管理していることも多いです。

なので、そこまでポケットの必要性はありませんので
あとはあなたのお好み次第と言えますので
つけるのか考えてみてくださいね。

幼稚園の着替え袋を簡単に手作りする方法は?


スポンサードリンク

ミシンを毎日使って裁縫している人は少ないですよね。
初めての子供の入園に向けて久々に裁縫をする人も多いです。
なので、幼稚園で使う着替え袋はできるだけ
簡単に手作りしたいと思う人が多いのです。

そこで、今回は私の作り方になりますが
幼稚園の着替え袋を簡単に手作りする方法をご紹介していきます。

幼稚園の着替え袋を簡単に手作りしたいのであれば
裏地なし、マチなしで作るのが一番です。
あとは、材料に書かれている寸法よりも5cm大きく作る
子供の洋服は余裕をもって入れることができます。

着替え袋
 
 
 
・材料

キルティング上部分 28cm×32cm 2枚
キルティング下部分 22cm×32cm

紐         80cm(幼稚園指定のため1本)

ミシン
アイロン
裁縫セット
 
 
 
・作り方

1.キルティングや紐をお好みの寸法に合わせてカットします。
着替え袋1
 
 
 
2.キルティングの上部分と下部分を中表に合わせてください。
待針で固定し、縫い代1cmにしるしをつけたら
ミシンで縫っていきます。
着替え袋2
 
 
 
3.ミシンで縫い終わったら縫った部分に
アイロンをかけて生地を開いてください。
着替え袋3
 
 
 
4.もう1枚のキルティングの上部分を中表に合わせて
待針で固定しましょう。
縫い代1cmのところにしるしをつけたらミシンで縫ってください。
着替え袋4
 
 
 
5.先程と同様アイロンをかけて生地を開きます。
これで1枚の布が完成しましたね。
この作業が面倒だと感じる人はもちろん始めから
1枚の布を使って作っても問題ありませんよ。
着替え袋5
 
 
 
6.キルティングを半分に折って裏の状態にします。
着替え袋6
 
 
 
7.両端に縫い代1cmのしるしをつけてミシンで縫います。
この時、すべて縫わないで上から5cmの部分はあけておきましょう。
着替え袋7
 
 
 
8.5cm縫わないところは紐を通す部分です。
写真で見るとこんな感じになります。
着替え袋8
 
 
 
9.着替え袋の口部分を1cm折ってアイロンをかけます。
そして、待針で固定しておきましょう。
着替え袋9
 
 
 
10.さらに2cm折りアイロンをかけて待針で固定してください。
着替え袋10
 
 
 
11.折った部分にミシンをかけていきますが
紐を通すため下の部分だけ縫ってください。
着替え袋11
 
 
 
12.縫い終わって袋の生地をひっくり返すと
写真のようになります。
着替え袋12
 
 
 
13.紐を通すとこのような感じになります。
あとは、紐を結んでほどけないようにしましょう。
幼稚園から指定がないならもう1本紐をいれると
もっと使いやすくなりますよ。
着替え袋13
 
 
 
14.上履き入れに使ったアップリケの残りを使います。
アイロンでアップリケを貼り付けたら幼稚園で使う
着替え袋の完成です。
着替え袋14
 
 
 
いかがでしたか?
着替え袋を簡単に手作りすることができましたね。
この作り方を応用すればリュックも簡単に
手作りすることができますよ。

ぜひ、親が作りやすくて子供が使いやすいものを
手作りしてみてくださいね。
 
 
 
私が息子の幼稚園の入園準備で作ったのは
この3点セットであとはすべて市販品にしました。
3点

どこまで手作りをするか決めないと
色んなものを作る必要が出てくるので
きちんと計画を立ててみてくださいね。

まとめ

幼稚園で使う着替え袋のサイズは大きい方が使いやすいです。
市販品の大きさに合わせて作ると失敗はありません。

ポケットをつけるのかつけないのかはあなた次第ですが
つけても子供は使いこなせませんのでなくても大丈夫です。

着替え袋を簡単に手作りする方法はたくさんありますし
自分が一番作りやすいやり方で行い
あとはアップリケを貼り付けて立派に見せておきましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑