花粉症の症状は咳だけ?風邪との違いは?対処法は?

公開日: 

花粉症らしき症状があるけれど咳だけみたい。

花粉症の症状が咳だけの人もいるの?
花粉症の咳は風邪とどう違う?
ひどい咳の対処法は何?

そこで、花粉症の症状で咳についてまとめてみました。

スポンサードリンク

花粉症の症状で咳だけってことはあるの?

毎年花粉症にかかっていない人が急に花粉症を
発症してしまうと始めは風邪かな?と思いますよね。

花粉症はくしゃみや鼻水がひどいという思われがちですが
実は咳だけの症状もあるのです。

花粉症の症状で咳が出る原因というのは

・アレルギー性気管支炎
・アレルギー性咽頭炎
・アレルギー性喉頭炎

これらによって咳の症状が出るのです。
よって、すべて花粉症によって出ているアレルギー反応です。
 
 
 
咳が出る主な理由としてはのどに花粉が付着していることです。
花粉に対して体が防御機能を表しているのが咳なのです。

咳が1週間以上続いて数週間も咳が続く人は
咳喘息へと発展してしまう可能性が高いです。

咳喘息というのは一般的な喘息とは異なり
喘息の一歩手前の段階と言えます。

よって、早い段階で治療をしないと症状を悪化させてしまい
慢性的な喘息へと発展させてしまう可能性があります。

そのため、花粉症の症状が咳だけだからといって
安易に考えてはいけないのです。

ひどい咳が続くようであれば病院を受診して
早い段階で治療をするべきなのです。

よって、自己判断は絶対にいけません。
病院に行く時間がないという人でも
ひどい咳が続くようでしたら必ず病院を受診しましょう。
 
 
 
市販薬で咳止めを使って様子を見る人もいますが
風邪薬などの咳止めは咳喘息にはまったく効果がありません。
症状を少しでも早く改善したいと思うのであれば
病院で治療するのが一番早いです。

早い段階に治療を行わないで重症化してしまうと
完治が難しくなります
ので
「おかしいなぁ」と感じたらすぐに病院を受診してくださいね。

花粉症の咳と風邪との違いは?

花粉症の咳と風邪との見分け方が難しいと感じる人も多いです。
なので、ここからは花粉症の咳と風邪の違い
ご紹介していきますので自分の症状と照らし合わせてみてください。
 
 
 
〇風邪の症状

・鼻水は黄色っぽいもので粘り気がある
・痰の絡んだような咳がある
・喉に痛みがある
・微熱から高熱がある
 
 
 
〇花粉症の症状

・鼻水はさらさらで水っぽい
・ゴホゴホと咳が止まらない
・皮膚がかゆい
・目がかゆい
・平熱から微熱がある
 
 
 
〇アレルギー性の咳の特徴

・のどがイガイガする
・咳が止まらなくなる
・のどがくすぐったい
 
 
 
〇咳喘息の特徴

・呼吸困難を伴わない咳が長期間続く
・喘息のようなヒューヒューというような音の咳が続く
 
 
 
風邪の咳というのは1週間程度で完治します。
でも、花粉症の症状の咳は長期間続いてしまい
ひどい咳が続くのが特徴です。

よって、風邪の症状が全くない状態で咳が酷いのであれば
花粉症の症状の咳を疑って病院を受診しましょう。

スポンサードリンク

自己判断はとても危険ですので
困ったときは病院を受診するのが一番です。

花粉症の咳の対処法は?

花粉症で咳が酷い場合の対処法を知っておけば
少しでも花粉症の症状を和らげることができますよね。

そこで、ここからは花粉症の咳の対処法をご紹介します。
 
 
 
・空気洗浄機は1日中つけておく

部屋の中にある花粉を少しでも減らすために
空気洗浄機をずっとつけっぱなしにして花粉を取り除きます。
 
 

・加湿器で喉を乾燥させないこと

喉の乾燥によって咳を悪化させてしまいますので
加湿器によって部屋の湿度を保つことが大切です。
特に、寝室に加湿器を置いて湿度を保つようにしましょう。
 
 
 
・寝るときはマスクを着用すること

少しでも喉の乾燥を防ぐために
寝るときもマスクを着用すると
喉を潤すことができます。
 
 
 
・うがいをして花粉を取り除く

咳が酷い人は喉の花粉と取ることが重要となりますので
うがいをして喉を湿らせて喉に付着している
花粉を取り除くことが大切です。
 
 
 
・鼻をかむ

就寝前に鼻をかむことによって鼻水がのどに降りてくるのを
防ぐことができるので咳を緩和することができます。

鼻水にはばい菌が多いため炎症を起こしやすいので
咳を出す原因となります。
よって、寝る前にはしっかりと鼻をかんでくださいね。
 
 
 
・アレルギーを起こさない環境づくり

咳喘息の人はアレルギーを引き起こす環境がよくありません。
よって、ハウスダストやカビ、ペットの毛や花粉は
すべて排除することが大切です。
なので、できるだけ部屋を清潔に保ち
アレルギーの原因となるものを取り除くようにしましょう。
 
 
 
・ストレスをためないこと

ストレスは気道を過敏にさせる原因となります。
よって、普段からストレスをためない生活を送る必要があり
規則正しい生活を送ることによって睡眠や休息を
十分に取ることができます。

また、適度な運動も抵抗力をつけることができるので
咳喘息の予防になり咳の対処法になります。
 
 
 
・食生活

普段からバランスの良い食事をすることは
花粉症対策になりますので咳の症状を抑えることができます。
花粉症によい食材だからと言って食べ過ぎには注意しましょう。
 
 
 
・お風呂の入り方に注意する

石鹸やシャンプーの使い過ぎは肌の乾燥を招き
花粉症の時期はよくありません。

なので、咳の症状を少しでも抑えたいのであれば
体全体の保湿が大切なのでお風呂の入り方に注意しましょう。
 
 
 
いかがでしたか?
普段の生活の中で花粉症の症状である咳の対処法は
色々と行うことができます。

ただし、咳の症状に良いからと言って
すべて試そうとは思わないでください。

自分に合った対処法がありますので
無理なく自分に適しているもの
この中から選んで毎日取り組めるものにしましょう。

まとめ

花粉症の症状は咳だけということがあります。
これは、咳喘息の可能性が高く喘息の一歩手前です。
よって、自己判断せずに病院を受診するべきです。

治療が遅くなってしまうと喘息に発展する可能性もあるので
風邪だと思わずに必ず病院を受診するようにしてください。

咳が酷い時の対処法は色々とありますので
普段の生活の中で取り入れやすいものを
実践していくようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑