菌活ダイエットのやり方は?サプリは効果あり?おすすめの乳酸菌は?

公開日: 

ダイエットをしたいけれど運動より食事から始めてみたい。

菌活ダイエットが流行っているけれどどうやるの?
菌活ダイエットでおすすめのサプリメントはある?
乳酸菌を取り入れたいけれどおすすめの商品は?

そこで、菌活ダイエットについてまとめてみました。

スポンサードリンク

菌活ダイエットってどうやるの?

菌活ダイエットが最近話題になっていますが
具体的にどんなダイエット法かご存知ですか?

菌活とは善玉菌を増やすことで腸内環境を整えつつ
美と健康の両方に効果があるものなのです。

菌活ダイエットの効果をさらに高めるためには
複数の菌を摂取すると相乗効果を得ることができます。
そこで、善玉菌を増やすことができる菌をご紹介します。
 
 
 
・菌類

菌の訓読みは「きのこ」です。
きのこそのものが菌で善玉菌の栄養となる食物繊維が豊富です。
そのため、便秘や肌荒れの予防になります。
 
 
 
・麹菌

加熱した穀物で繁殖する菌ですが消化の補助や
旨味アップの効果があって腸内環境を整えてくれます。
 
 
 
・乳酸菌

糖を発酵させて作る菌でありタンパク質や脂肪の分解
便秘予防に効果があるのです。
よって、腸内の善玉菌を増やし病原菌や細菌から守ってくれます。
 
 
 
・納豆菌

納豆を作るための菌であり「ナットウキナーゼ」
血栓を溶解してくれ動脈硬化を予防してくれます。
ビタミンKも含まれているので骨粗鬆症にも効果があります。
 
 
 
・酢酸菌

アルコールを酢酸に変える菌であり疲労回復の効果があります。
内臓脂肪を減らす働きがあって高血圧、高コレステロール
高血糖の予防に効果があるのです。
 
 
 
・酵母菌

パンやお酒、味噌を作るときに使用する菌であり
糖質や資質を分解する効果があります。
そのため、高血糖を予防することができます。
腸内環境の善玉菌を増やせるのでお通じもよくなります。
 
 
 
このように、体によい菌はたくさんありますが
菌活ダイエットに一番おすすめのものは
納豆菌+乳酸菌です。

これを組み合わせで相乗効果が高まり
おなかによい効果が高まるのでダイエットにつながります。
特別な調理法もいりませんので手軽にダイエットできますね。

でも、納豆菌と乳酸菌を毎日取り入れるとなると
飽きないようにメニューを工夫する必要もありますよね。
そこで、ここからはおすすめの食べ方もご紹介します。
 
 
 
〇納豆ヨーグルトトースト

納豆1パックにたれとからしを入れてヨーグルトを
適量加えたものをトーストに乗せて食べるだけで
菌活ダイエットをすることができます。

トーストに飽きたらご飯やパスタ、サラダにかけても
美味しく食べることができるので試してみてください。
 
 
 
〇納豆ヨーグルト味噌餅

納豆ヨーグルトを作ったら適量の味噌を入れて
焼いたお餅の上にのせて食べます。
納豆と味噌はもともと原料が同じなので
相性がよく美味しく食べることができます。
 
 
 
〇納豆ヨーグルト冷奴

納豆ヨーグルトにキムチを混ぜて冷奴の上にのせます。
キムチの植物性乳酸菌もプラスされるので
さらにパワーアップした菌を体に取り入れることができます。
ヨーグルトが入っているのでマイルドな味になりますよ。
 
 
 
〇納豆ヨーグルト蕎麦

納豆ヨーグルトに刻んだ糠漬けを入れて
茹でたそばにかけて食べると美味しいです。
薬味のネギを加えたりかつおぶしをかけても美味しいです。
糠漬けの食物性乳酸菌もプラスされるので効果は高いです。
 
 
 
〇根菜味噌マリネ

・材料

みそ      大さじ3
水       大さじ1
みりん     大さじ2
おろししょうが 小さじ2

・作り方

1.お好みの根菜をカットして素揚げして油を切ってください。
2.味噌マリネ液を作って混ぜ合わせます。
温かいうちに漬け込むと味が染みて美味しくなります。
3.お皿に盛り付けたら千切りしたネギを飾って完成です。

味噌マリネ液は味噌とみりんの発酵食品のダブル使い
腸にとてもよい調味料の組み合わせなのです。
そこに、食物繊維が豊富な根菜を入れることで
相乗効果が高まりダイエットにつながります。
 
 
 
菌活で得られる効果は様々ありますので
具体的にその内容をご説明します。
 
 
 
・ダイエット効果

菌活をすることで腸内環境が整うことで痩せやすい体になります。
なので、ダイエットに効果があるといえるのです。
 
 
 
・免疫力アップ

善玉菌が増えることで腸内環境が整い
悪玉菌を抑制することができるので免疫力を高めることができます。
 
 
 
・便秘予防

スポンサードリンク

便秘は悪玉菌が多いことが原因ですが菌活によって
善玉菌を増やすことができるので
便秘解消につなげることができます。
 
 
 
・美肌効果

発酵食品を取り入れることは抗酸化作用によって
お肌の老化を抑えることができるのです。
よって、老廃物を排出することができるので
美容にも効果が高いと言えます。
 
 
 
このように、菌活ダイエットは痩せやすい体にするだけでなく
様々な効果を得ることができるのです。
ぜひ、美と健康を菌活ダイエットで手に入れてみてください。

菌活ダイエットでサプリは効果がある?

菌活ダイエットを毎日の食事で頑張るのも限界がありますよね。
そこで、少しは息抜きとしてサプリメント
利用する方法もあります。

菌活ダイエットのためにサプリメントを購入する前に
自分の目的にあうサプリメントを探さないといけません。
よって、あなたはどの目的かよく考えてから購入しましょう。

ここからは菌活ダイエットに使用する
サプリメントの選び方のポイントをご紹介します。
 
 
 
・生きて腸に届くサプリメントで生菌か死菌を選ぶ

菌活ダイエットに使用するサプリメントは乳酸菌サプリですが
菌が生きて届かないと意味がありません。

乳酸菌には生菌の他に死菌で出来ているものもあります。
乳酸菌は死んでいたとしてもアレルギーを抑制したり
免疫を活性化させる効果がありますので
どちらが自分にあっているのか見極める必要もあります。
 
 
 
・善玉菌の栄養素も含まれているサプリメント

乳酸菌だけを摂取するのではなく乳酸菌の栄養源を
増殖してくれる成分も一緒に含まれているサプリメントがよいです。
 
 
 
・菌活ダイエットの目的にあったサプリメント

乳酸菌のサプリメントには菌の種類によって効果が異なります。
自分の目的にあったサプリメントを選ぶことが基本中の基本です。
 
 
 
菌活ダイエットのためにサプリメントを選びたいけれど
サプリメントがありすぎて迷っている人も多いですよね。
そこで、おすすめなのが「菌活スルリッチ」です。

このサプリメントにはスマート乳酸菌とビフィズス菌
2つの善玉菌が入っています。
また、生きて腸に届くプロバイオティクスとして認知されており
カテキンの吸収力が高くなることも認められています。

なので、ダイエット効果の高いサプリメントです。
飲みやすい小粒タイプなので外出時も
持ち運びしやすくていつでも菌活ダイエットができます。

菌活ダイエットでおすすめの乳酸菌は?

菌活ダイエットで乳酸菌を主に取り入れる人は多いですが
最近の乳酸菌は体にいい成分をプラスした商品
増えてきています。

そこで、おすすめの乳酸菌の商品をご紹介しますので
菌活ダイエットに取り入れてみてください。
 
 
 
・8020ヨーグルト

広島大学歯学部の教授が発見した乳酸菌でL8020菌を使った
ヨーグルトがおすすめです。
歯の健康によく口臭予防にも効果があります。
 
 
 
・飲む糀プラス乳酸菌

甘酒に植物性乳酸菌を加えた発酵飲料です。
漬物から発見された菌で新機能の乳酸菌と言えます。
シジミ約280個のオルニチンを生成することができます。
 
 
 
・アミノコラーゲンヨーグルト

コラーゲンペプチドとミルクセラミドがヨーグルトに入っていて
肌ケアをサポートできるヨーグルトです。
コラーゲンの独特の風味はなく普通のヨーグルトとして楽しめます。
 
 
 
・ジューサー仕立てフルーツ&つくりたての味わい

ジューサーで砕いたようなフルーツの食感がある
ヨーグルトで忙しい朝にぴったりの商品です。
 
 
 
・野菜時間

植物性乳酸菌で発酵した完熟国産野菜ジュースで
長野県産のりんご100%ジュースが加えられているため
とても飲みやすい野菜ジュースになっています。
 
 
 
・スイーツデイズ乳酸菌ショコラ

植物性乳酸菌が生きたままチョコの中に入っている商品で
常温で持ち運びできるのでどこでも乳酸菌を
取ることができます。
 
 
 
このように、菌活ダイエットをしていて食材に飽きたら
色々な方法で菌活をすることができます。

なので、長く続けていくことができますし
美と健康を維持することができますね。

まとめ

菌活ダイエットは体によい菌を複数取り入れて
腸内環境を整えることです。
毎日続けることで美と健康を手に入れることができます。

サプリメントも菌活ダイエットには効果的で
たくさんの種類があるので自分の目的に合うものを
選んで試してみましょう。

また、身体によい成分がプラスされた商品も多いので
上手に菌活ダイエットに取り入れてみてください。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑