小学生で通学用カッパは必要?人気商品は?正しい手入れの仕方は?

公開日: 

息子が春から小学生になる。

小学生は通学用カッパがあったほうがいいのかな?
通学用カッパで人気商品は何がある?
カッパの正しい手入れの仕方はどうやるの?

そこで、小学生の通学用カッパについてまとめました。

スポンサードリンク

小学生で通学用カッパは必要なの?

小学校入学準備のために親は色々な用品を揃えますが
通学用カッパは必要なのか悩む親も多いです。

雨が降った時は傘を使うべきか
通学用カッパを着せるべきかどちらの方が多いのか
気になるところですよね。

小学生は高学年になれば雨の日は傘の子供が大半ですが
低学年だと通学用カッパと傘を併用している子供が多いです。

では、どうして小学生の低学年は通学用カッパ
用意することが必要なのか気になりますよね。
 
 
 
入学したばかりの小学生はまだまだ子供で
幼稚園児とさほど変わりません。

よって、傘を持たせてしまうと傘を振り回して遊び
傘を壊したりなくしたりすることがとても多いです。

なので、雨が降っていてもまじめに傘をささず
洋服も濡れてしまいますしランドセルも濡れてしまいます。

小学生の低学年にはまだまだ傘は大変なことが多く
通学用カッパを併用することで
雨に濡れる可能性を少しでも減らすことができるのです。

あとは、傘で遊ぶことは危ないときちんと言い聞かせて
小学校まで登校してもらうことが必要です。
 
 
 
傘は振り回して遊ぶととても危険なことが多いです。
傘が壊れることを考えて経済的に済ませるのであれば
ビニール傘でもいいのですが
このビニール傘は他の子供に怪我をさせる恐れがあります。

ちょっとしたくらいのアザでしたらさほど問題はありませんが
目に傘の先をさしてしまったら大変ですよね。

よって、通学用カッパなら傘を併用しなくても
洋服やランドセルを濡らさずに小学校まで登校できるので
あると便利なアイテムと言えます。
 
 
 
通学用カッパのメリットは色々とありますので
ご紹介していきますね。

・ランドセルを背負ったまま着ることができる
・派手な柄だと防犯対策になる
・両手があく
・傘より安全

 
 
 
雨の日というのは車を運転している人からすると
視界が悪くさらに暗いと見えにくいですよね。

なので、通学用カッパには反射板がついているもの
派手な柄で明るい色の物を使うと
小学生が登下校しているのがよくわかるので
ドライバーにも親切ですよね。

このように、小学生で低学年であれば
通学用カッパは必要であり事故防止にもなります。

あまり使う機会がなさそうに感じますが
子供の命を守ることができるのは親だけですので
ぜひ小学校入学準備に通学用カッパを用意してくださいね。

通学用カッパで人気商品は?

通学用カッパはランドセルを背負ったまま
着ることができるタイプでないといけません。

なので、まずはカッパの種類をご紹介しますね。
 
 
 
・オーソドックスタイプ

最も世の中に出回っている合羽の形をしているカッパです。
オーソドックスな形から種類やデザインも豊富で
お気に入りのものを探しやすいです。

ただし、ランドセルを背負ったまま着るとなると
大きいサイズを選ぶ必要がありランドセル対応の物もあります。
 
 
 
・ポンチョタイプ

ポンチョの形をしたカッパで、子供でもママが着ても
可愛らしい形と言えます。

雨の日もおしゃれに楽しむことができるカッパ
とても人気があります。

ポンチョタイプのカッパは全体的に余裕があるので
ランドセルを背負ったままでも無理なく
着ることができるデザインが多いのでおすすめです。
 
 
 
・ロンパースタイプ

上下が一体になっているロンパースタイプのカッパは
走り回ったり転んでも濡れることがないので
親子にとって嬉しいカッパといえます。

ただし、ロンパースタイプのカッパは
小さい子供向けの物が多く小学生の低学年で
着れるサイズはほとんどありません。

また、ランドセルを背負ったまま着る余裕もないので
これは通学用カッパには不向きと言えますね。
 
 
 
・上下があるタイプ

カッパは上下が分離しているタイプのものがあります。
大人にもあるのでイメージはできますよね。
洋服を完全に雨からカバーすることができますが
スキーウェアのような感じなので
ランドセルを背負ったまま着ることは難しいです。
 
 
 
このように、カッパには色々な種類がありますが
ランドセルを背負ったまま着ることができる
カッパのタイプは限られてきます。

オーソドックスタイプでランドセル対応か
ポンチョタイプ
のものになりますので
余裕をもって着ることができるものを選んでください。
 
 
 
そして、ここからはランドセル対応のカッパ
人気がある商品をご紹介しますので
ぜひ参考にしてみてくださいね。
 
 
 
・Orange Bonbon

ランドセルやリュックの上から着ることができる
カッパでとても可愛らしいデザインが人気です。

スポンサードリンク

また、デザインが可愛いだけではなく
袖口にゴムが入っていて
ムレを防止てくれる通気穴があって
子供もとても快適に使えるカッパになっています。

このブランドはポンチョタイプのカッパも
販売していてデザインも豊富なのでおすすめです。
 
 
 
・ユアーズアーミーワールド

ユアーズアーミーワールドがオリジナルで
作ったランドセル対応のカッパで
視界を遮らない透明のフード
収納できる巾着袋付きで子供が使いやすいカッパです。

ムレない通気穴があり袖口もゴムで雨が入りにくく
デザインもおしゃれで人気が高いので
入荷待ちのことも多いです。

なので、子供のサイズの在庫があったら
迷わずに早いうちに購入した方がいいですよ。
 
 
 
・MARUJU

ランドセル対応のカッパで
カラーバリエーションが豊富です。

ボタンは反射になっているので暗い中
子供が歩いていてもドライバーに見えるので
安心できるカッパと言えます。

シンプルなデザインですが
子供に必要な機能が十分に備わっているので
人気が高いと言えます。
 
 
 
・OUTDOOR

大人のブランドでも人気のOUTDOORには
子供用のレインポンチョがあります。

大人と同様に細部までこだわっていて
ランドセルを背負ったままでもとても着やすいです。

突然の雨や傘をさすのが苦手な子供にぴったりの
カッパと言えますのでぜひ探してみてくださいね。
 
 
 
このように、カッパで人気のものは色々とあります。
通学用カッパとして使う場合は
デザインよりもランドセル対応で余裕をもって
着ることができるのか確認することが必要です。

最近ではランドセル対応のカッパも増えてきていますので
人気ブランドなどもチェックしてみてくださいね。

正しいカッパの手入れの仕方は?

雨に濡れたカッパはどうやって手入れをして
また雨が降った日に使用すればいいかご存知ですか?

ただカッパを乾かしておくだけでは
カッパに付着した汚れをそのままにしてしまい
ニオイがきつくなってしまったり
撥水効果が落ちてしまうことがある
のです。

よって、ここからはカッパの正しい手入れの仕方
ご紹介しますので実践してみてください。
 
 
 
・カッパを洗う前の準備

1.絵表示を確認する

カッパを家庭で洗うことができるのか確認をしましょう。
洗濯機マークや手洗いマークは家庭で洗うことができます。
水洗い不可やドライマークは素材・色落ちなどを
確認して必要事項を確認して洗います。
 
 
 
2.適切な洗剤を使う

おしゃれ着用洗剤を使うのがおすすめです。
 
 
 
3.前処理を行う

目立つ汚れがあるときは前処理をしてください。
気になる部分汚れには洗剤の原液をつけます。

シミがあるときは液体酸素系漂白剤や
シミ用部分洗剤をつけてくださいね。
 
 
 
4.洗濯ネットに入れて洗う

カッパの傷みや絡まりを防ぐために洗濯機で洗うとき
洗濯ネットを使用します。

大きめの洗濯ネットに2~3つ折りにして入れます。
小さく畳み過ぎてしまうとしわができます。
ファスナーやボタンも事前に閉じておきましょう。
 
 
 
・洗う手順

1.優しく洗うこと

絵表示に従って優しくカッパを洗っていきます。
洗濯機弱水流マークは弱水流または手洗いコースで
洗ってくださいね。

手洗いのマークの場合は手洗いコースや
手で優しく押し洗いをしましょう。

*注意
通水性のないビニールまたはゴム引き製品
透湿防水性素材は脱水の時に水はけが悪いので
洗濯機の故障につながります。

洗濯機の使用は避けて手洗いをしましょう。
 
 
 
2.短時間で脱水をする

脱水をしすぎるとしわができる原因になります。
 
 
 
・通水性のないカッパの手洗い

1.アコーディオン洗い

洗剤液の中で中心部を軽くつまんで前後左右に振って洗います。
カッパを泳がせるように両手で寄せたり広げて
アコーディオン洗いすると汚れを落とすことができます。
 
 
 
2.すすぐ

洗うときと同じ方法ですすいでください。
 
 
 
3.そのまま干す、バスタオルにはさむ

脱水機を使わないでそのまま干したり
バスタオルにはさんで水気を取ってから干してください。
 
 
 
・カッパを干す手順

1.形を整えてしわを伸ばす
2.陰干しにする

 
 
 
・洗濯をしない時の手入れの仕方

1.濡れたら乾燥させる
2.汚れをふき取る
3.撥水スプレーをかける

 
 
 
このように正しいカッパの手入れをすることで
カッパを長持ちさせることができます。
なので、正しい手入れの仕方で
きれいな状態を保つことができて衛生面も大丈夫です。

まとめ

小学生低学年であれば通学用カッパがあると便利です。
傘を使ってもいいのですが低学年であれば
ふざけることが多いのでカッパをおすすめします。

人気の通学用カッパは色々とありますので
ランドセル対応であとは子供のお好みのデザインを
見つけてみてください。

カッパの手入れを正しく行うと長持ちさせることができます。
なので、雨に濡れた後は正しい手入れの仕方で
カッパを保管してくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑