電気毛布の正しい使い方は?電磁波は大丈夫?電気代は安いの?

公開日:  最終更新日:2015/11/20

冬が近づいてきて布団が冷たくて寝付きが悪い。

電気毛布を購入したいけれど正しい使い方が分からない?
電磁波が出ているとか聞くけれど身体への影響は
電気毛布をたくさん使ったら電気代は高いかな?

そこで、電気毛布の基本を調べてみました。

スポンサードリンク

電気毛布の正しい使い方って?

寒い季節はどうしても布団が冷たくてなかなか
寝付くことができませんよね。
冷え性の女性でしたらなおさらです。

だから電気毛布を使用すれば
暖かくて快適に眠れるのではないかと考えます。
でも、正しい使い方がわからないから
購入するのに悩んでいる人も多いです。

電気毛布の正しい使い方は

1.就寝1時間から30分前にスイッチを入れておき
布団を暖めておく。
2.寝るときはスイッチを切って布団に入る。
3.どうしても寒くて眠れない場合はタイマーを使う。

これが電気毛布の正しい使い方です。

一晩中つけたままで使用する人もいますが
そのような使い方をしていると
身体が脱水にかかり朝起きると喉がカラカラになります。
また、肌も乾燥します。

そのため、正しい使い方を守らないと
身体の体温調整がうまくできなくなったり
脱水症状にかかったり
疲れが取れなく免疫力が下がることで風邪をひきやすくなります。

よって、正しい使い方をきちんと知っておくことは大切です。

また、電気毛布は2種類あります。
電気敷き毛布電気掛け毛布です。

電気敷き毛布を掛けて寝るのは問題がありませんが
電気掛け毛布をシーツの下に敷いて寝るのは
ヒーターを悪くする原因となります。
なので、それぞれの商品は正しく使いましょう。

そして、電気毛布の強度はどのくらいが快適に
眠ることができるのか疑問を持つ人も多いです。

電気毛布の強度は室内の冷え込みによって異なり
快適な温度も人それぞれと言えます。
なので、自分のお好みの暖かさで使用しても大丈夫です。

ただし、タイマーが切れたあとに寒くて目が覚める場合
湯たんぽを併用するのがおすすめです。

これなら電気毛布のタイマーが切れても
足元などは暖かく湯たんぽも朝まで
自然に冷めていくので身体に優しいです。

電気毛布からは電磁波が出ているみたいだけれど大丈夫?

電気毛布から電磁波が出ていることで
身体への影響が心配な人も多いです。

電気毛布からは確かに電磁波が出ていますが
身体への影響は心配ありません

スポンサードリンク

最近では、電磁波を抑えた電気毛布が販売されています。
よって、昔よりも電磁波が抑えられている電気毛布が
多いので特別心配することはありません。
常識的に考えれば危険な製品は認可されていないからです。

基本的に電磁波は日常生活の電化製品からも出ています。
パソコンやスマホ、電子レンジ、電気カーペットと
様々あり私たちは毎日電磁波に触れています。

エアコンや冷蔵庫などは電気毛布よりも
高い消費電力を使うのでもっと強い電磁波が出てきますよ。
この電磁波の発生源から離れると量は減ります。

日常生活を送る中でずっと家電製品と一緒に
いるわけではありませんので
電磁波の身体への影響は心配いりません。

この電気毛布の電磁波の不安はぬぐいきれませんが
危険とは証明されておらず
安全であるとも証明されていません。

賛否両論ありますので
どうしても不安の方が強いのであれば
電気毛布はさけて湯たんぽを使用しましょう。

ただし、妊娠してお腹に赤ちゃんがいる人や
ペースメーカーなどの医療機器を体内に入れている人は
大事をとって使用しない方が無難です。

妊婦さんが避ける理由は先天異常児の率
高くなる報告があるからです。
医療機器を体内に入れている人の理由は
医療機器が誤作動を起こす可能性があるからです。

使用するかはあなた次第ですが
気をつけてほしいことは怪しい商品
騙されて買わないということです。
悪徳商法に引っかからないようにしてください。

電気毛布の電気代はとても安いから安心!

暖房機器を使用すると電気代が高くなるイメージが強いですが
電気毛布の電気代も気になりますよね。

電気毛布の電気代は他の暖房機器に比べると非常に安いですが
使用方法によって電気代は異なり
メーカーによっても異なってきます。

1kWhあたりの電力量料金を25.91円と仮定し
就寝前に強にして1時間使用し
就寝時に弱で6時間使用した場合を計算すると
1日あたり1.15円でひと月だと34.5円となります。

電気毛布のひと月の電気代が34.5円だと
安心して使用することができますね。

今まで電気代が心配で電気毛布の購入をためらっていた人も
電気代がわかったら購入しやすくなりますね。

これで冷たい布団の悩みも解消することができ
電気代の心配もありませんので
快適に休むことができますね。

まとめ

電気毛布の正しい使い方は就寝前にスイッチを入れて
寝るときにスイッチを切ることです。
タイマーをかけても寒い人は湯たんぽを併用しましょう。

電気毛布からは電磁波が出ていますが
身体への影響は心配いりません。
電気代も安くて経済的です。

電気毛布があれば暖かく快適な睡眠を送れますが
正しい使い方を守ることが大切です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑