ベランダガーデニングにおすすめの常緑樹・目隠しに向いている植木とは?

公開日:  最終更新日:2019/02/14

ベランダガーデニングを楽しんでいる人が多いですが、
冬は植物によって枯れてしまうものもありますので、寂しく感じますよね。

冬でも楽しめる常緑樹についてご紹介します。

ベランダの目隠しのために植木を植えたいと思う人は多いです。

でも、植物を育てたことがないし管理も大変かなと心配になったりもしますよね。

そこで、ベランダの目隠しで簡単に育てられる植木をご紹介します。

スポンサードリンク

ベランダガーデニングにおすすめの常緑樹

ガーデニングを行うと季節を感じながら植物の成長を楽しむことができます。

自宅に庭がなくてもベランダガーデニングができますので、様々な草花や樹木を楽しむことができます。

でも、育てるものによって冬は枯れてしまったりしてしまうので寂しいベランダガーデニングになってしまいます。

そこで、常緑樹であれば冬でも緑のままですので、一年を通して緑のあるベランダガーデニングを楽しむことができます。

 
 
ベランダガーデニングで育てることができる常緑樹は種類が多いです。

なので、ここからはおすすめの常緑樹をご紹介していきます。

まず始めに、ツルニチチソウです。

これは日陰で育てると花を咲かせませんが、緑がとてもきれいで一年中斑入りの葉を楽しむことができます。

 
 
次におすすめなのはヘデラです。

これは生育旺盛なので挿し木をして増やしていくことができます。

また、紅葉する葉もあるため、1年を通して葉の色や形を楽しむことができますよ。

あとはコニファーも一年を通して緑を楽しむことができます。

コニファーは生長が遅いのでベランダガーデニングでも育てていくことができます。

あまり大きくならないでほしい場合は、摘心を繰り返すことで大きさを維持することができます。

 
 
最後にベランダガーデニングの常緑樹でおすすめなのはオリーブです。

オリーブは常緑樹でとても人気が高いものです。

鉢植えでも十分に育てていくことができます。

スポンサードリンク

また、春には小さい黄花を咲かせてくれますので、季節を通して楽しむことができます。

このように、ベランダガーデニングに向いている常緑樹は色々とありますので、お好みのものを探してみてください。

ベランダの目隠しに向いている植木とは?

ベランダで植物を栽培している人は多いですが、目隠しとして育てたいと思う人もいます。

ベランダに植木を植えることで目隠しをすることができますが、植木が大きくなりすぎたり育てていくのが不安だという人も多いです。

ベランダの目隠しのために植える植木は育てやすい種類を選択すれば初心者でも簡単に育てていくことができます。

そして、無事にベランダの目隠しをすることができます。

 
 
では、ここからはベランダの目隠しに向いている植木をご紹介していきます。

まず目隠しが目的であるのなら落葉樹ではなく常緑樹でないといけません。

一年中緑があることで目隠しの役割を果たすことができます。

ベランダの目隠しでおすすめの植木はコニファーです。

コニファーは針葉樹で種類も多いので、好きな葉の形を選ぶことができます。

高さや横幅も色々と選ぶことができますので、ベランダの目隠しに最適です。

 
 
他にもベランダで育てることができる植木としては、オリーブや月桂樹、サツキ、シャクナゲなど色々とあります。

でも、葉のボリュームによってベランダの目隠しになるかが変わってきます。

なので、本格的な目隠しにしたい人はこれらよりもコニファーの方がおすすめといえるでしょう。

 
 
このように、ベランダの目隠しに向いている植木は色々とあります。

植木が育ちやすい環境であるかを確認して、どのくらいまで大きくなるのかも確認してみてください。

最近では、ベランダ向けの植木なども販売されていたりするので、お花屋さんなどに相談しながら購入してみてください。

このようなものを上手に活用して、ベランダの目隠しを仕上げてみてくださいね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑