シマトネリコ剪定はガーデニングで学ぼう。マンションのベランダで育てられる

公開日:  最終更新日:2019/06/16

ガーデニングで庭木としてシマトネリコを取り入れている人は多くいます。

シマトネリコはとても大きくなる樹木なのでシマトネリコ剪定の時期や方法をきちんと把握することが大切です。

マンションのベランダにオリーブやシマトネリコを植えてみたいと思う人は多いです。

もともと庭木として楽しむものなので、管理の方法に注意が必要です。

そこで、オリーブやシマトネリコの育て方や剪定についてご紹介します。

スポンサードリンク

シマトネリコ剪定はガーデニングをするときに学んでおくもの

ガーデニングを楽しんでいる人は庭に色々な樹木を受けていると思いますが、シマトネリコは正しいシマトネリコ剪定をしないと大変大きく育ちすぎてしまいます。

よって、シマトネリコの特徴と剪定の仕方をきちんと学んでおきましょう。

そうすることで、ガーデニングで素敵な庭にまとめることができます。

 
 
シマトネリコというのは生育旺盛な常緑樹で、1年でとても大きく成長するものです。

なので、イメージに合った大きさに育ててシマトネリコ剪定をしてあげることがとても大切になってくるのです。

シマトネリコ剪定の時期は10月から3月がおすすめです。

ですが、シマトネリコ剪定時期は真夏と真冬を避ければいつ行っても大丈夫な樹木と言えます。

よって、自分の都合に合わせて剪定する時期を決めましょう。

 
 
シマトネリコ剪定方法は大きく成長させる場合、新芽を剪定していくのです。

そうすることで新芽に栄養がいかないようにすることができるので早く成長させることができます。

この時に、気をつけることとして下の葉を傷つけないように切り落としてください。

新芽を選定しないとなると太い枝に育ち、左右対称に等間隔で葉が映えてきます。

これはボリュームを作りたい場合に有効的となりますがスマートな形を保ちたいなら剪定しましょう。

 
 
次に、シマトネリコの成長を止める剪定方法は、高さを決めてその高さに合わせて真ん中の枝を剪定するのです。

スポンサードリンク

これによって成長はその位置で止めることになります。

あとは、新芽などが出てきますからボリュームが気になったらその成長に合わせて剪定を行っていくのです。

このように、ガーデニングをするときシマトネリコ剪定は正しい方法で行えば大きさやボリュームを変えることができますので、基礎はおさえておきましょう。

マンションのベランダでオリーブやシマトネリコは育てられる

マンションのベランダでガーデニングを楽しむ人は多いです。

草花もよいですが樹木も育てたいと思う人もいます。

そこで、マンションのベランダで育てやすい木と言えば、オリーブやシマトネリコですが、鉢植えで育てるに当たり注意も必要になってきます。

そこで、正しい方法で育てられるように育て方をご紹介していきます。

 
 
オリーブやシマトネリコはシンボルツリーとして庭木として楽しむ人が多いですが、鉢植えでも楽しむことができます。

ただし、もともと木なのである程度育ったら植え替えしてあげる必要があります。

マメに剪定してあげることによって縦への成長を遅くすることができますがそれでも2m近くまで育つのでマンションのベランダの広さを確認してから育てる必要があります。

 
 
オリーブやシマトネリコはとても育てやすいものなので、初心者にも向いています。

特にシマトネリコは虫がつきにくいという性質がありますので、おすすめといえます。

ただ、鉢植えで栽培したりすると株が古い場合突然枯れることもありますので、そのような状態になったら諦めるしかありません。

 
 
オリーブは花や実を楽しむことができるものですが、実は咲き終わった花ガラや熟して落ちかけている実の処理をするのは面倒と言えます。

育てやすい木ですが、周りの掃除が増えますのでマメでないのであればシマトネリコをおすすめします。

このように、マンションのベランダでオリーブやシマトネリコを育てることはできますが、注意することもありますのでそれをきちんと把握してから育てるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑