住宅ローンは無利子でお金を借りる?住宅ローンどこを選べばよいか

公開日:  最終更新日:2018/12/25

住宅ローンのような長期間返済するものは、無利子でお金を借りることができません。

よって、住宅ローンを支払っていくときは、金利が低いものきちんと選ぶことが大切です。

住宅ローンをするならどこの会社がよいのでしょうか。
迷ったときは、住宅ローンの人気ランキングを見て、会社を比較するとよいでしょう。

また、金利も固定と変動がありますので、どちらが得かをきちんと考えてから利用するとよいのです。

スポンサードリンク

住宅ローンは無利子でお金を借りることができない

お金を借りる時に気になることは利息だと思います。

住宅ローンのように長期間返済するものというのは、低金利の商品があったとしても、無利子でお金を借りることができないものです。

そのため、住宅ローンを支払うときは、固定金利と変動ではどちらが得をするのかをきちんと考える必要があるのです。

そして、お金を借りるところの業者をきちんと下調べをして、信用のできるところを探すことが必要です。

 
 
ここで、固定金利と変動の違いについてご紹介したいと思います。

まず、固定金利というのは、ずっと金利が同じことをいいます。

そのため、金利は高めになってしまいますが、変動金利はその時々によって金利が変わるというものです。

ですが、最近では低金利のものが多いので、どちらを選んでもそこまで差は出てこないでしょう。

 
 
そして、無利子で長期間借金をできる業者はないのです。

ですが、消費者金融では、限定された期間に限り、無利子で融資を受けられるサービスを実施しているところもあります。

よって、短期間で少額でしたら、無利子でお金を借りることができるというわけなのです。

そのため、給料やボーナスが近くすぐに返済できる目処があるのであれば、お得にお金を借りることができるのです。

 
 
このように、住宅ローンなどの長期間返済を行わなければならないものは、無利子でお金を借りることができません。

スポンサードリンク

ですが、短期間で少額であれば、期間限定ではありますが、無利子でお金を借りることができるのです。

よって、上手に消費者金融を利用することで、自分も得をすることができるというわけなのです。

住宅ローンをするならどこを選べばよいか

住宅ローンをするならどこの会社がおすすめなのでしょうか。

このように迷った時は、住宅ローンの人気ランキングを確認して、会社を比較検討するのがよいのです。

住宅ローンは長期の返済となりますので、できるだけ利息を抑えたいと誰しもが考えると思います。

金利には、固定と変動があるため、どちらが長期的に得をするのかをきちんと考えてから、住宅ローンを組むとよいのです。

 
 
2015年1月の住宅ローン事情は、日銀の金融緩和政策によって日本の国債の長期金利が低下しているため、例を見ない水準まで下がってきています。

よって、住宅ローンをするならきちんと金利を確認することが大切だといえます。

これから住宅ローンをする予定の人は、計画的に進めていく必要があるのです。

 
 
ここで、住宅ローンの人気ランキングをご紹介したいと思います。

固定金利の住宅ローンをするなら住信SBIネット銀行がおすすめといえるでしょう。

これは、10年固定金利で年0.9%とどこの会社と比べても金利が低いといえます。

また、固定金利5年ですと、0.67%で、変動金利にすると0.795%となります。

また、他の特典も充実しているので、気になる人は一度サイトを確認してみてください。

 
 
次に、住宅ローンをするなら新生銀行がおすすめです。

こちらも、変動と固定を選択することができ、変動だと0.73%、10年固定だと1.25%となっています。

そして、諸手数料が安く、さらに生活変動リスクに備えた安心パックもあるので、とても人気のようです。

このように、住宅ローンをするならきちんと会社を比較して、これからどのくらいの支払いをしていかなければいけないか計画を立てることが大切なのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑