ダイエットをする前に、知っておきたいさまざまな知識

公開日: 

少しでもカロリーを低くするためには、バターではなくマーガリンの方がよいように思えますが、マーガリンは脂質はゼロでも、実は飽和脂肪酸を多く含むため、脂肪になりやすい食品の一つです。
バターは風味が豊かで食事の満足感も高まるため、量を少し減らしてバターを使う方がおススメです。

スポンサードリンク


ダイエット中の食事の味付けでは、砂糖に気を遣いがちですが、実は塩分も重要なポイントです。
塩分が高い食事は、美味しいと感じやすいので、つい食べ過ぎてしまう危険性があります。また、食後に喉が渇くことで、水分の過剰摂取にもつながります。
出汁をしっかり取ることで食材の味が引き立ち、塩分控えめでも満足感の高い味付けになります。

ダイエットにはお通じも大切なポイントになります。お通じをよくするためには、野菜を食べて食物繊維を摂取する必要がありますが、食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。お通じをよくするためには、水溶性食物繊維を積極的に取りましょう。オクラやアボガドなど、ネットリ系の野菜や果物は水溶性食物繊維を多く含んでいます。

チョコレートはダイエットの敵と考えてしまいますが、チョコレートはミネラル豊富で栄養価が高く、ダイエット中の栄養不足を補ってくれます。また、カカオの含有率が高いチョコレートは、食物繊維も豊富で、お通じ改善の効果もあります。ダイエット中は、カカオ70%以上のチョコレートを選ぶようにしましょう。

運動が苦手、という人におススメしたいのが、ストレッチです。
ストレッチ程度ではカロリー消費につながらないので、ダイエットにならない、という人もいますが、ストレッチで筋肉を伸ばすことで、身体が動きやすくなります。日常生活での身体の動きが活発になることで、カロリー消費につながっていくというメリットがあります。

スポンサードリンク

ダイエットをする前に、知っておきたいことは、あなた個人の体質です。一人一人にあったダイエットが必要だからです。みんなと同じやりかたがあなたに合っているとは限りません。うまれつきの体質を確認するために、一度遺伝子検査を受けてみるのも一つの方法だと思われます。

一つの食品を摂り続けるダイエットを長期間することはおすすめできません。その食べ物によって遅発性アレルギーを起こす可能性が高くなるからです。
アレルギーを起こすと、だるさや集中力の低下、いらいらを引き起こします。また、その食べ物があなたの体質に合ったものか知っておく必要があるでしょう。

ダイエットをするときは、たんぱく質を多めに取りましょう。筋肉の材料になるからです。筋肉量が増えると、基礎代謝がアップして、脂肪が燃焼され、ダイエット効果が表れます。また、炭水化物は控え目にしましょう。炭水化物は、エネルギーとして使われますが、余ったエネルギーは体脂肪として蓄積されます。

サラダや果物だけのダイエットだと、たんぱく質が不足しがちになります。ダイエットを成功させるには、むしろ高たんぱく質の食品を摂ることが大切です。たんぱく質をたくさんとると、血や肉の材料となり、体温が上がり、身体が温かくなります。逆に冷えた体では、代謝が落ち、むくみやすく、めぐりの悪いサイクルに入っていくかもしれません。

たんぱく質のほかには、良質の脂肪を取ることも大切な要素です。例えばオメガ3は血液をさらさらにして、血管をしなやかに保つ効果があります。血行がよくなることもダイエット効果に関係しています。また良質の脂質は、脳の材料としても使われるので、体だけでなく頭もすっきりダイエットしたいですよね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑