美しくあるため腸内環境を良くしておくことは重要です

公開日:  最終更新日:2019/02/19

腸内環境を良くしておくことは美しくあるために重要です。ヨーグルトは毎日積極的に摂取して、良質な乳酸菌が腸内で棲めるように心がけましょう。ヨーグルトを食べるのが面倒に感じる方は、ヤクルトや飲むヨーグルトなどでも構いません。便秘は美容の大敵です。

スポンサードリンク


ヨーグルトの食べ方ですが、私の場合は市販のヨーグルトをコーヒーのサイフォンで濾して乳清と残った脂肪分の部分を分けて食べることがあります。乳清はとても良い乳酸菌が含まれていると以前本で読んだことがあり、それ以来そのように食べるようになりました。

筋肉を動かすことは美しさを保つために欠かせません。空いた時間にはスクワット、背筋、腹筋など大きな筋肉を少しでも動かしましょう。パソコン仕事なの座りっぱなしの場合でも、30~45分に一回は立ち上がって、数回でいいので筋トレをします。そういった小さな積み重ねが大切です。

筋肉を動かす時外側の筋肉を鍛えることはもちろん大事なことですが、内側の筋肉を動かしていくことも美容には大切です。内側の筋肉を引き締める方法は、簡単に言うとお尻の穴をキュッと引き締めます。そして息を吸ってお腹に力を入れる感じが内側の筋肉を使っている感覚です。

内側の筋肉が鍛えられている人はしなやかで美しい人が多いです。全身をインナーから動かしていくことで、血行が良くなり顔色が良くなったり、肌が艶やかになったりします。ピラティスなどでインナーの筋肉を鍛えあげていくことは最高の美容法です。通う時間がない人は、自分で感覚さえつかめれば自宅で鍛えていくことも可能だと思います。

スポンサードリンク

冷たい食べ物や飲み物を必要以上に摂取しないことも、効果的な美容法です。夏の暑い時期は必要な分だけなら構いませんが、過剰に摂取すると内臓が働きが鈍くなり胃腸の調子が悪くなったり、血行が悪くなってしまうこともあります。そうなると肌にできものができる、代謝が悪くなり太りやすくなるなど、美しさを保つ上で良くありません。

できるだけ温かいものを食べたり飲んだりするようにしましょう。例えば冷たいそうめんではなく、家にある野菜と一緒に炒めて暖かいチャンプルーにするとか、冷奴ではなく湯豆腐にして食べたり、野菜も入れて鍋にするなど、調理の仕方を少し変えるだけで温かいものをおいしくいただけます。

1日の終わりには半身浴がおすすめです。肌がもちもちとして美しい人は、汗をしっかりとかいています。運動することでも汗はかけますが、合わせて半身浴も取り入れることで十分に汗をかけます。お風呂の中に本や飲み物を持ち込んで極上のリラックスタイムを楽しみながら、気持ちよく汗を流してみませんか。

この半身浴をする時に塩を浴槽に入れると、さらに汗がかけておすすめです。天然塩や、塩入りの入浴剤などを使って発汗を促進しましょう。しっかりと汗をかくためにも適度な水分補給を忘れないことと、汗をかいたらこまめにタオルで拭いて汗が出る穴を塞がないようにしてあげましょう。
 
炭酸水も美容に効果的です。私は炭酸水を飲み始めて数年ですが、お肌の調子が良くなったように思います。今はいろんなフレーバーが出ていてそのままでも美味しいです。りんごやメロン、パイナップルなどの果物に注いでフルーツドリンクのようにしても、ビタミンが摂取できてより効果的です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑