引越の10個のノウハウを紹介します

公開日:  最終更新日:2019/03/06

不要物と必要な物を分ける時には、それぞれダンボールや袋を作り仕分けしていきます。服や食器など、まだ着そう使いそうだと悩む物は仮置き場を作っておき、引っ越し当日まで何度か検討するタイミングを作り、処分を決めていくと作業が進みやすいです。思い出の品などは、分かりやすくコンパクトにまとめておくといいです。(場所をとるものは写真に撮って残すなど)

スポンサードリンク


不要だと決めた物は、無料でリサイクルしてくれる業者(廃品回収業者や古着屋など)を利用したり、知人にあげられる物は譲ったりします。買取に出したり、譲渡する場合にはできるだけ品物を綺麗にしておくと、金額があがったり、気持ちよく受け取ってもらえると思います。また、引っ越しが早めに決まっている場合には、地域や近隣の学校などの廃品回収を利用するのも良いと思います。

大きな家具はどうしても粗大ごみになってしまいますが、引っ越し先の自治体と現在の自治体が異なる時はどちらで処分する方が安いか検討すると安く処分できる場合があります。私の場合は、引っ越し先の粗大ごみの区分が(小型・中型・大型)と多様にあり、物のサイズによって処分にかかる金額が変わるシステムでした。その為、中くらいのゴミを引っ越し先で捨てる事で処分金額が安くなりました。

光熱費の手続きはネットでする方がいいです。電話の方が簡単そうですが、まず繋がりにくいです。お勤めをされている場合は、電話できる時間に限りがありますし、その時間帯はより繋がりにくいと思います。ネットは打ち込む手間が多少ありますが、だいだいの会社が24時間受付しているので、アクセスしやすいです。でも、尋ねたい事がある場合は電話の方がスムーズに伝わる事があるので状況によって使い分けます。

引っ越しを期に携帯電話の料金プランや、自宅のインターネット環境を含めた電話料金の見直しもお勧めです。住む地域によって、どの方法で利用するのがいいか変わってきます。また、その時期ならではのキャンペーンや継続利用による特典などの見落としもあるかもしれません。携帯電話会社のマイショップ(一番利用する事の多い支店)変更もしておくと便利です。

スポンサードリンク

新居に新しいエアコンを購入する場合は購入した電気店に相談をすると、既存のエアコンも取り外し・運搬・取付をしてくれる場合があります。費用は多少かかりますが、素人では扱いにくいので助かりますね。しかし、運搬については引っ越しの距離や場所により自分達でしないといけない事もあります。新規に購入しない場合は、エアコンの出張お掃除サービスの会社で取り外し・掃除・運搬・取付をしてくれますよ。

業者を利用する場合は、複数社に見積もりを依頼します。見積もり金額やサービス内容を確認して、他社同士に見積もり書を見せて値引きができるかどうかの交渉もすると良いです。業者の選択基準には、全体の金額のみでなく、ダンボールが何個まで無料でもらえるかもポイントになります。担当の方の対応も大きな基準ですよね。相性もあると思いますがじっくり検討する事が大切です。

業者を利用せずに自分たちでトラックや車を使って引っ越しをする場合についてです。トラックの荷台には、必ずクッション材となるようなダンボールやいらない毛布などを敷いて下さい。引き出しや扉のついている家具は養生テープで貼り、ストッパーにして下さい。軽トラックの場合は、左右に壁となるようなしっかりとした木の板等をたてかけると物が入れやすくていいです。

自分たちで荷物を運ぶ場合には、できるだけ荷物同士の隙間を作らないように詰めると良いです。振動で揺れ動いて物同士がぶつかるのを防ぎます。我が家は軽自動車で荷物を運んだ時に、荷物を積んだ後にできた隙間にはクッション材の代わりに子どものぬいぐるみを袋に入れた物を軽くきゅっと入れたり、布団・毛布・敷きパットなどを丸めて入れたりしました。

引っ越した後の挨拶周りの品物についてです。近所の方へ挨拶をする際に選ぶギフトのお勧めはフェイスタオルのセットです。洗剤(衣類・台所)は香りや配合物に好みがある事も多く、お菓子や食べ物は好みもありますし、アレルギーの心配もあります。もしタオル以外を選ぶとしたら、各自治体のごみ袋というのも、実用的だし面白い感じもありますね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑