エステでの契約を交わす前に、実際に来店し、担当スタッフと詳細な面談を

公開日:  最終更新日:2020/03/05

エステでの契約を交わす前に、ちゃんとした…

エステサロンの選定時、しっかりしたエステであれば施術契約を結ぶ前に実際に来店し、担当スタッフと詳細な面談を受ける機会があります。ここで費用や期間、通える頻度や具体的に伝えておくことで、*、自身の納得感やその後のスムーズな施術につながります。身体の悩みを打ち明けるのは一時の恥ずかしさを割り切ってしまって大丈夫です。

スポンサードリンク

常識的にエステでの更新に掛かる費用は、…

更新費用はエステサロンによりますが、有期の会員カードを作成し、年単位で有料更新が必要な場合があります。更新費用は1万円以上かかることがあり、これが払えないと会員カードの有効期限が切れてしまい、改めて施術を申し込む際に新規としての扱いとなる恐れがあります。更新費用がかかる場合は契約前の面談時に予め金額や支払いタイミングを確認しておきましょう。

現在の体型よりも理想の体型になりたいといった願望を持つ人は多く、…

痩せたい、理想の体型になりたいと通う方も多く、目的に合ったコースを選択できますが、施術を受けに通うだけで痩せるわけではありません。むしろ痩身エステの目的は「現実を知る」そして「対策を立てる」ことに絞り、痩せやすい体質、身体を作るためのきっかけくらいに考えておくのが得策です。理想の身体は毎日の生活習慣と、少しのプラスアルファで作り上げるもの、という意識が大切です。

スポンサードリンク

ヒゲの脱毛メニューは、光・レーザー・針など、…

ヒゲ脱毛をするのにレーザー、光、ニードルなど、採用している脱毛方法はサロンにより異なります。私が実際に受けたニードル脱毛は、毛穴に電流を直接流すので、はっきり言ってめちゃくちゃ痛みが感じました。スタッフさんの施術スキルは高く、痛みを最小限に抑えてくれたり、一旦休憩を挟んでくれたりと配慮してくれましたが、どうしても耐えられない場合は我慢せず伝えましょう。慣れるまでは(慣れても痛いですが)悶える可能性大です。

エステでの個室がない店舗もありますが、…

個室感は店舗によりますが、ある程度の規模のお店であれば個室が数個と、4~6名用の施術室が用意されています。私は基本的に4名用の施術室に通され、カーテンで仕切られていました。しかし施術をするときに隣の話し声は聞こえてしまうので、もし気になる場合は個室が空いていれば希望を言えば移動させてくれることがあります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑