キャッシングの広告などで金利は、3~18%の範囲がありますが…

公開日:  最終更新日:2019/05/12

キャッシングの広告などで記載される「金利」は、…

キャッシングの金利は年利で表示することが義務付けられており、3~18%のような範囲がありますが、100万円未満で契約を行った時には、まず上限金利が適用されると考えておきましょう。3~18%という表示を見て、その中間の10%くらいだろうなどと簡単に考えてはいけません。上限金利より設定金利が下がるのは、ほとんどのキャッシングで100万円以上の契約を行った時だけです。

スポンサードリンク

カードローンでATMを利用するときに…

カードローンでATMを利用する時に掛かる手数料ですが、これが発生する場合、借入れ時だけでなく、返済時にも同様に掛かってしまいます。この金額はどのカードローンでも一律で、1万円までの利用では100円+税(現在では8円)、それ以上では200円+税(同じく16円)となっています。1万円ちょうどを手数料の掛かるATMで返済しなくてはいけない場合、その1万円だけでなく、手数料も必要になるので気を付けてください。

消費者金融では、借り換えたい人のために、…

消費者金融では借り換え専用のおまとめローンを用意していることがありますが、このおまとめローンを利用して借り換えができるのは、同じく貸金業法が適用される消費者金融などからの借入れだけです。つまり銀行カードローンはその適用外なので、消費者金融のおまとめローンでまとめることはできません。ただしクレジットカードを使ったショッピング分も対象外となっていますが、キャッシング分に関してはまとめることができます。これは、クレジットカードのキャッシング分には貸金業法が適用されるからです。

スポンサードリンク

キャッシングでの返済は、「約定方式」といい、…

キャッシングの返済は約定方式と呼ばれ、1ヶ月やそれに近い周期ごとに借入れ金額によって決まる最低返済額以上を返済していきます。今月は返済できるお金がないので、翌月にまとめて2ヶ月分を返済するといったことはできません。毎回の返済日には必ず最低返済額以上の返済が求められます。多い分には超過分は元金から差し引かれるので構いませんが、少しでも足りないと、遅延と同様の扱いになってしまい、個人の信用状況を管理している信用情報にもそれが残ってしまうので注意しましょう。

キャッシングのために自動契約機を利用する場合、…

各社の自動契約機を利用すると、誰にも見られずにカードローンの申込みが行えますが、それが設置されているボックス内の様子はその会社の人に全てカメラで見られています。その為、いくら無人のボックス内で契約を行うといっても、だらしのない恰好で来たり、変な態度をとるのはやめましょう。それらによって、本来は通るはずの審査に落とされてしまうこともあるからです。最低でもそのまま電車に乗っておかしくないくらいの服装をして、審査を待っている間にはおとなしく備え付けの本でも読んでいるのがいいでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑