毎月もらう給料の範囲内でギリギリな生活を続けていると…

公開日:  最終更新日:2020/03/07

毎月もらう給料の範囲内でギリギリな生活を続けていると…

毎月の給料でぎりぎりの生活をしていると、貯金などする余裕は全くないものです。最近は日本人の貯蓄率が下がり、貯金ゼロの人も決して珍しくはないのです。そのようなぎりぎりの生活をしていると、予定外の失費はとても困ります。医療費だったり、冠婚葬祭費だったりなど突然の出費に頼りになるのがキャッシングです。他人に迷惑をかけることもなく、気軽にお金を借りることができるのが魅力です。

スポンサードリンク

保証人なしで迅速に利用可能な「フリーローン」は、…

保証人なしで簡単に利用できるフリーローンは、主に銀行や消費者金融で利用できます。一昔前は消費者金融だけだったのですが、最近は地方銀行や信用金庫までフリーローンのサービスがあります。利用者からすれば選択肢が増えるのでありがたいことですが、どの金融機関を選んだら良いのか逆に迷ってしまいそうです。安心感で選べば銀行系、気軽さで選べば消費者金融でしょうか。

スポンサードリンク

むかし、消費者金融が「サラ金」といわれていた頃の…

むかし、消費者金融がかつてサラ金と呼ばれていた時のイメージを持っている昭和世代の人たちからすると、最近の消費者金融の変わりようにはびっくりすることでしょう。銀行と提携することで信用度も増しています。金利も銀行並みに低く抑えているところも少なくありません。審査も緩めで、即時融資も可能なのでお金に困ったときは銀行よりも頼りがいがあるかもしれません。

消費者金融から借入れをされるときは、最初に…

消費者金融からお金を借りる場合も、まず審査を受けなければなりません。そして当然のことながらその審査に通らないと、お金を借りることはできません。通常仕事や家がきちんとある人であれば、審査に落ちるということは考えにくいですが、定職がなかったり、過去に金融事故などを起こしたりしている場合は、気軽なイメージのある消費者金融であっても審査に通らないことがあります。

銀行や消費者金融を通じてお金を借り入れるのであれば、…

銀行や消費者金融からお金を借りる場合、年収に対して3分の1までとこれを総量規制といいますが、年収の3分の1を超えてしまうと、通常の生活を営みながら返済することは困難であるということから、この総量規制が決められています。他の金融機関をすでに利用している場合は、そこで借りている金額もすべてを合計して年収の3分の1までが借りられる限度となります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑