短期の業務や単発での仕事を副業とする場合、…

公開日:  最終更新日:2019/06/30

短期の業務や単発での仕事を副業とする場合、…

単発や短期で副業を行う場合、そのつど自分で見つけるのは大変なことです。そこで、派遣やアルバイトなどを紹介してくれるところにあらかじめ登録しておくと便利です。メールなどで仕事の紹介があるので、自分が出来そうな仕事があれば申し込んでおきます。空いた時間を利用して副業ができるので便利です。

スポンサードリンク

副業での安定収入を期待するなら、常用・契約更新のいずれかの案件を探しておく…

副業でも安定した収入を得るためには、常用か契約更新タイプの仕事を選ぶと良いでしょう。本業とのバランスを考え、無理のないスケジュールを組んでいくことが必要です。スケジュールがタイトにならないためにも、最初はかなり緩いスケジュールを組んだ方が良いでしょう。

スポンサードリンク

副業は、直接雇用で働く場合と、そのうち、…

副業でも直接雇用の場合と、派遣などの派遣先の企業に派遣されて仕事を行う場合があります。特に、派遣の場合は、契約期間中は最後まできちんと仕事を行うことが必要です。無断欠勤をしたり、遅刻があると、派遣先に迷惑をかけてしまうだけではなく、派遣会社の信用にも関わってきますので注意が必要です。

副業によってあなたが得るメリットはいくつもありますが、…

副業のメリットはいろいろありますが、やはり収入が増えることが大きいかもしれません。本業の場合は年末調整などで所得税の申告を行いますが、副業の場合は自分で確定申告を行う必要があります。副業の収入に応じて、所得税も変わってきますので、確定申告の概要などで確認するようにしましょう。

一昔前と異なり、企業側から副業を許可してくれる…

最近は、企業の中でも副業を認めているところが増えてきています。以前は非正規雇用よりも正規雇用の場合は、会社の規定によって副業ができない所も多くありました。あくまでも本業が主体です。副業を行う場合は、本業に差し支えない程度にしておくことが大切です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑