40歳を過ぎているのに、結婚相手がなかなか見つからない、のは…

公開日:  最終更新日:2019/11/15

40歳を過ぎているのに、結婚相手がなかなか見つからない、…

40歳以上の人が、相手を見つけられない、結婚できないというのはウソ。40歳以上などの年齢に限らず、本当に結婚する気があり、断られてもめげない人が結婚できる。その年齢まで残っている男女はそれぞれがいろんな経験をしているため、相手に臨む性格はこうでなければ、年収や容姿はこうでなければと決めつけてしまっていることが原因になっている。言うまでもなく、それが婚期を遅らせる原因になるのです。それに一人に期間が長かった分楽をしたいと思う傾向もあり、自ずと相手に対する要求も高くなってしまう。「高望み」しているだけだったりします。

スポンサードリンク

人を外見で決めつけてはいけないというけど、…

人を外見で決めつけてはいけないというけど、結婚活動で相手と会う時に汚いかっこうや汚い顔で会えば、その時の汚い第一印象を払しょくすることは難しく誤解されやすく、次に会ってもらえる確率は殆ど無くなり当然ながら、名誉挽回も出来ずに終わる。なお、そのイメージを持ったまま相手の記憶に残るので、後で笑い種の種になることが多く、住んでいる場所が近い場合は知り合いの知り合いだったということもあり得るので、万が一偶然でもあった時には、相当立場が悪い。

スポンサードリンク

結婚活動では、お金よりも愛情を優先したい人もいるかもしれませんが、…

結婚活動において、お金より愛情が大事という人が居るが、プロフィールで最初に目が行くのは顔、次に年収、次に職業。その証拠にぶさいくな男女は候補にもならず、年収が500万円以下の男性は会うこともままならない、職業も女性の場合、いい年をして家事手伝いなどと書くと、仕事をする気が無いと見られてしまい男性からはスカンをくらってしまいます。まず第一段階の会って話をするところまで至らず、何十連敗と最悪な状況にも陥ってしまう。

婚活でするパーティーを体験してみると、…

婚活でするパーティーに参加すると、誠実さとか見た目のまじめさが大事だと考えられがちだが、実は話が面白く絶えず笑わせてくれるような相手を選ぶ傾向がある。男子ならまじめ一筋で生きてきた何の面白味もないヤツよりも、ナンパに慣れているような相手の心を掴む術を持った方が女性をゲットできる可能性が高い。逆に女性は清楚でおしとやかな人が理想と男性は言うが、清楚すぎて遊びのあの字も知らない様な女性には面白みを感じない。楽しく会話ができる人でいることが婚活では有利になると覚えておきましょう。

通常の婚活パーティーの場では、男性は、波長の合う女性を、…

いろんな婚活でするパーティーでは、男性は女性を、女性は男性をゲットしに来ると思われているが、まれに同性に声を掛けられることがある。どう見ても見る目が違うので、こいつは異性の相手を探しに来ているのではなく同性の相手を探しに来ているとはっきり分かる時がある。過去に1~2組見たことがあるが、異性の相手と会場を後にするのではなく、同性の相手と会場を後にしそのままラブホに入っていくのを見たことがある。というわけで、探しているのは異性だけでないことに注意。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑