婚活を通じて成婚できるかどうかのカギとして…

公開日:  最終更新日:2019/12/15

婚活を通じて成婚できるかどうかのカギとして…

結婚活動をしていて成婚できるかどうかのカギとして情熱がどれだけあるのか?と結婚紹介所のアドバイザーなどに言われることがあるが、男性も女性も幸せな家庭を築きたいとか、「一生大事にしてくれる相手と添い遂げたい」とか、言うかもしれません。長い目で見れば一生生活するのにどれだけ適しているか、空気のような存在になれるかが大事と言われるが、結婚してから皆が失敗したという理由で「パートナーに対して新鮮味がなくなったから」といった理由がもっとも多いのです。

スポンサードリンク

よく長く一緒にいる夫婦をおしどり夫婦というが、…

よく長く一緒にいる夫婦をおしどり夫婦というが、愛情だけで長く関係を続けられるわけでは無く、いかに相手の嫌な部分を許せるかにかかっている。直ぐに分かれてしまうパートナー同士で一番の原因となるのは嫌でも毎日顔を合わせるので、その相手の何気ないしぐさや言動にカチンと来ても、時間がたてば許せるのかどうかを試して見るといい。1週間経っても、1か月経ってもやはり許せない相手と結婚した場合は、毎日のようにケンカが絶えず、息をしているだけでストレスに感じることになるだろう。

結婚したいと思えるパートナーに対し、…

結婚したい相手にいかに自分をアピールできるかが、婚活をされている人なら誰しも通る悩みですよね。恋愛と違って、成否は人生を左右する問題でもあるので気をつけたいものです。自身が相手を求める際も、相手があなたに惹かれるのも、「本能」が影響している場合が多かったりします。人間も所詮は動物であるのできちんと子供を作れる体なのか、子どもの面倒をきちんと見てくれる力量があるのか(特に男性に要求される)見極めることが大切。上記のように、本能を満たしてくれる素養を相手が持っているかは結婚活動時には必ず確認しておきましょう。これをしっかりと見極められなかったがために、後々子育てで対立したり、ワンオペ子育てになりお互いにストレスを溜め、最後には離婚届に判を押すことになる。

スポンサードリンク

結婚相談所の会員登録をして、婚活をはじめれば、…

結婚紹介所などに登録していると、門前払いのようなケース、つまりプロフィールを見ただけでお断りされたり、実際にお見合いをして断られることがあるが、とにかくくじけずに立ち直った人が最後には勝つ。そのくじけない原動力はいろいろあるが、若いとか若くないにか関わらず、子孫を残すためには相手が必要と考えるといつかは成功すると前向きになれます。因みに私の場合断られても立ち直り、パートナーと一緒になって結局は女性とやりたいというスケベ根性だった。あなた自身も、あなたも婚活の原動力となるものを意識しながら活動していくように考えてみてください。

婚活時のどのような相手を選ぶかの基準は、…

結婚活動でどんな相手を選ぶのかの基準は、性格がいいとか、家庭的な人とか、しっかりと働いてくれるとか、体のいい理由を述べる人が多いが、私の場合は夜の生活も大事であると考えているため、たとえば、どの程度の経験があるのかやエロさや好きさも見ることが多かったとかです。長い間一緒に暮らすには冗談抜きで体の相性や互いの好みを知っておくのは大事で、そういった点が不足していると、不仲にもなりやすいのは間違いありません。離婚の原因にもなりかねない重要な部分でもあるので結婚前に確かめる必要があります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑