不要となったクルマを買い取りしてもらう時は、…

公開日:  最終更新日:2019/07/19

不要となったクルマを買い取りしてもらう時は、…

車を買い取ってもらう際は少しでも早くしたほうがいいでしょう。なぜなら車の買い取り価格は手放すのが遅ければ遅いほど低くなるからです。しかし焦ってはいけません。しっかりとした作戦を立てていつどこの会社に買い取ってもらうのかしっかり検討しなければ手放すタイミングが早くても買い取り金額が低くなってしまうからです。見積もりは必ず5件以上取ることがいいと思われます。めんどくさいかもしれませんが価格を少しでも上げるために頑張ってみましょう。

スポンサードリンク

僕が車を売却するときに検討したのが…

僕が車を販売する時に検討したのが、オークションや中古車店です。オークションとは、車購入希望者同士で競って一番高値で売るという方法です。インターネットではなく、リアルなオークション会場の事です。中古車店に比べて、高値で販売ができるので、もしかしたら中古車店に出すよりもお得かもしれません。ただ、素人がオークションに車を出すのはとても難しいそうです。私も車を販売する時に色々考えましたが、リアルなオークション会場は免許がないと入れないなど、手続きが非常に面倒だったので諦めました。結局中古車修理工場へ販売しました。

スポンサードリンク

個人間の取引もずいぶんしやすくなりました。…

個人間の取引もしやすくなってきています。正直一番車を高く売れる方法は個人間でやりとりすることだと思います。現在は個人間で販売できるサイトがたくさんあります。これらは仲介業者を通さないので高値で売る事ができます。中には手数料のかからないジモティーなどのサイトなどもあります。しかし、個人間でやりとりするときは契約書や名義変更などを自分で行う必要がある為、多少作業が面倒になるかもしれません。時間がある方は試してみてもいいかもしれません。

手持ちのクルマを売却するということは、…

車を売るという事は自賠責保険にこれ以上加入する必要がなくなります。自賠責保険は通常、2~3年間のお金を先に支払うので、その途中で解約した場合には残りのお金が戻ります。自賠責保険の保険会社は民間の会社です。車を購入した当初に必ず加入しているので保険証を確認して保険会社へ連絡をしましょう。永久抹消登録や一時抹消登録をしただけでは解約にならないのでご注意ください。必ず保険会社へ確認しましょう。

クルマを廃車として処分したとき、…

仮に車を廃車する時は、自動車税の返金を受ける事ができます。廃車にする際には、国内でその車は使われなくなるので、税金が帰ってきます。しかし、販売をした場合は、他者が今後もその車を乗り続ける為、自動車税は返金はされません。ただ中古車店などへ販売する場合、その業者が返金するケースは多いらしいで。。自動車税は通常、永久抹消登録や一時抹消登録をすると自動的に解除されます。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑