国内の独自規格である「軽自動車」は、大変人気があり…

公開日:  最終更新日:2020/02/14

国内の独自規格である「軽自動車」は、…

日本の独自規格である軽自動車は、セカンドカーや独身者のクルマとして大変人気がありますが、この人気が顕著に表れやすいのが中古車の買取価格です。軽自動車は10年落ちでも高値で買い取られることが多く、価格が2~3倍するような高額な普通乗用車と変わらない価格で販売されています。なぜこのような現象が起こるのかというと、軽自動車は年式が古くても需要があるからです。需要のあるクルマはいつまでも高値で取引されるということです。

スポンサードリンク

クルマの査定では、どの程度の走行距離があると…

中古車査定において、どのくらいの走行距離があると多走行とみなされるのでしょうか。一般的にアベレージとして考えられているのは、年間の走行距離が1万キロです。これよりも多いと多走行となり、逆に少ないと走行距離が少ないクルマとみなされます。したがって、高年式車であっても、多走行車である場合は買取価格が下がってしまうので注意が必要です。

スポンサードリンク

世間では、クルマはディーラーでの下取りよりも、買取専門業者のほうが高値で売れる…

一般に中古車は下取りよりも買取のほうが高く売れると言われますが、これはなぜでしょうか。ディーラーでは下取りをしてくれますが、メインはあくまでも新車を販売することです。下取りはサービスのようなものですから、相場通りに淡々と行っていきます。値引きができない新車の場合は多少下取りをがんばってくれることもありますが、やはり買取店のパワーと熱意には負けてしまうのが正直なところでしょう。

長く乗ってきた愛車ですから、売却時には、…

大切に乗ってきた愛車ですから、売るときには少しでも高く評価してもらいたいものです。あまりにも評価が低いとショックを受ける人もいることでしょう。中古車に対する評価、つまり査定は、買取店によって異なります。そのためじっくり複数の買取店から査定してもらう必要があります。電話やネットから査定を申し込めば、すぐに来てくれるでしょう。

私がクルマを手放す際は、「一括査定サービス」を利用しましたが、…

私が車を販売する時は一括査定をしましたが、どこの会社もそんなに変わらないというのが実情です。また査定は自動でされますが、結局車を確認するまでは価格を決定してくれません。しかし、いくつかの業者を回るのはとても面倒なのであまりオススメできません。最近DMMという会社が中古車の買取価格を一瞬で決めてくれる「DMM AUTO」というサービスを出しています。私は使った事がありませんが、これなら素早く査定がくを知る事ができるかもしれません。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑