友人や知人の紹介をキッカケにして転職先を見つける…

公開日:  最終更新日:2019/04/22

友人や知人の紹介をキッカケにして…

友人や知人の紹介で転職先を見つける人もいます。ですが、転職先の労働環境や労働条件に関する情報について、友人知人からの口コミを信じすぎてしまうのは、あまり良くはありません。というのも、個人の口コミというのは、その人の主観に基づいているからです。他の人にとっては良い職場であっても、自分自身にとってはそうではない場合があります。またその逆も然りです。

スポンサードリンク

転職で活動しているとき、「1秒でも早く、内定(採用通知)をもらいたい」と…

転職活動中の人というのは、「一刻も早く内定(採用通知)が欲しい」と考えがちです。ですが、そのために自分をより大きく見せたり、逆に自分を安売りしてしまうことは、できるだけ避けるべきです。焦ってしまう気持ちをぐっと抑えて、冷静に、そして客観的に、自分に最適の職場を見つけることが重要なのです。それまでの自分の経歴を生かしつつ、自分のライフスタイルにも合った転職先を見極めましょう。

スポンサードリンク

転職活動中に、「これまで、私はこういった仕事に尽力してきました」…

転職活動の際に「自分は今までにこのような仕事をしてきました」「今までにこのようなスキルを身につけました」とそれまでの自分の経歴をアピールする人は多くいます。ですが、転職先となる新しい企業で「このようなことをしてみたい」「このようなことであれば貢献できるはず」と未来の展望をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。

転職活動中はとにかく、常に「急がないこと」を…

転職活動中はとにかく、急がず慌てないことが大切です。在職中に転職活動を行う場合はそうでもありませんが、退職後に行う場合はどうしても焦りがちになってしまいます。ですので、慎重さを忘れてはなりません。自分がやってみたいこと・自分が働いてみたい職場のイメージを明確にしておき、実際の職場におけるそれらが合致しているかどうか、落ち着いてしっかりと見極めることが重要なのです。

数ヶ月ほどまえに、転職したばかりだというのに、…

ついこの間、転職したばかりであるにも関わらず、早期に退職してしまう人というのも意外と多いものです。新しい職場で勤務を始めてみたものの、「思っていた職場と違っていた」「こんなはずではなかった」と考えてしまうようです。このような失敗を繰り返さないためには、はやり前もっての情報集めは欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑