転職を考えているのなら、今いる職場・業務の何に対して不満を感じて…

公開日:  最終更新日:2019/05/07

転職を考えているのなら、今いる職場・業務の何に対して不満を感じているのかを…

転職に当たっては、現在の職場や仕事の何に不満があるのかを明確化する事が必要です。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職の失敗は防ぐ事が可能です。

スポンサードリンク

求人関連の広告には、「月収」がしっかりと記載されていますよね。…

求人情報には月収等が記載されています。この月収をチェックする時には、注意深く確認する事が大切です。会社によっては、月収の中に月20時間残業の場合と言った、残業代を含めて金額が高く見えるようにしている所があるからです。また基本給プラス歩合給で、その歩合を過大に計算に織り込んでいる所もあります。こうして応募者を増やそうとする会社には注意が必要と言えるかも知れませんね。

大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため、…

大企業の多くは定期採用中心で、転職で入る事は中々難しいものです。しかも地方でとなるとその機会はさらに少なくなりそうです。しかし製造業の場合には、地方の工業団地等に工場展開している事も少なくありません。その地方工場では事業拡大時等に途中採用する事が結構あります。このチャンスを捉えるのです。そのためには、その地方の工業団地の会社を把握し、その会社のHPをチェックし、求人がないか時々確認すると良いでしょう。

スポンサードリンク

しかし現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、…

かつては求人情報に性別が記載されているのが一般的でした。しかし、男女雇用機会均等法の施行等により、男女の求人・採用差別をしてはならない事となり、求人情報に男女の性別を記載しないようになりました。しかし求人する側には本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。従って男性希望の会社に女性が応募したり、女性希望の会社に男性が応募しても不採用となる可能性が高くなります。求人で女性活躍等の記載がある場合、これは女性を望んでいると読むのが良いでしょう。

安定した生活基盤を手に入れるべく「正社員」を目指している人は少なくないでしょう。…

安定を求めて正社員になりたいと頑張っていても、中々正社員としての転職が叶わない事もあります。契約社員の求人があっても、正社員の求人に拘り、応募しない人も少なくないでしょう。しかし、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、契約社員に応募する事も考えた方が良いでしょう。会社によっては、その人の頑張りにより、2,3年で正社員への転換を図れるようにしている所があるからです。面接の最後にこうした可能性を質問しても良いでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑