転職する際、「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、…

公開日:  最終更新日:2020/01/17

転職する際、「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、…

転職の際に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、自分から退職願を出して会社を辞める、いわゆる依願退職の場合は、失業保険はすぐには出ず手続して失業したことが認められてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、この規則を勘違いしてハローワークの職員と揉めているのを見たことがある。因みにリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定されてからすぐに失業保険が給付される。

スポンサードリンク

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、…

失業した際にもらえる失業保険は、失業している間もらえるが、給付期間が決まっている。それまでに働いていた期間に応じて3か月とか1年とかが決まるのだが、知らないでいつまでも遊んでいる人を見かけるが、後々あと1か月しかもらえないと分かってから焦って仕事を探しても、ロクなところが見つからない可能性が高い。会社の面接官もバカでは無いので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたか位は大よその想像が付く。場合によっては、何をしていたか質問されることになり、しどろもどろになるとまず受かりません。

はじめて「失業保険」を受けるとき、大半ですが、それは誤解です。…

初めて失業保険を受ける際に、何もしなくてももらえると思っている人が大多数だが実際には、就職活動をしなければならず、毎月一回はハローワークに通う必要がある。毎月職員と就職活動の状況やきちんと活動をしているかを勘案して、きちんと就職活動をしていると見なされれば次の月の給付が行われるという仕組みです。因みに就職活動をしていないと見なされたり、毎月一回の職員との面談にも顔を出さない場合は、当然問答無用で給付を一時的に止められたり、以降の給付資格を失うことになるので注意が必要です。

スポンサードリンク

失業保険の給付については、「就職活動」していることを証明しなくてはいけません。…

失業保険の給付に関して、活動していることの証明が必要になるが、会社を辞めて暫くは遊びたいのが本音だと思います。真面目に次の仕事先を探しているように見せることができるので教えておきます。毎月ハローワークに行くのは当然になりますが、求人票を閲覧することが最低限必要です。本腰を入れて探す気が無い時には、閲覧だけして面談の際に、労働条件のいい仕事や自分に合った仕事、希望する仕事が無かったと言って、次の機会を探すという手もあります。

転職する時にもしも、そういった業者に登録し、就職先をうまく見つけたとしても、…

転職する際に、インターネットでのエージェント、つまり斡旋してくれる会社があるが、そこに登録し就職することが出来たとしても失業保険は給付されない。あくまでハローワークに届け出を出さないと失業保険は給付されないので注意が必要。なお、ハローワークを通じて斡旋された会社に就職した場合は、就職の準備金として一時金が受け取れることになります。インターネットでのエージェントは公的機関では無く、転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険などの手続きはしてもらえないので知らない場合は、失業中にお金がもらえないことになるので注意が必要です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑