近年、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

公開日:  最終更新日:2020/02/16

近年、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

インターネットの就職斡旋エージェント、最近はヘッドハンティングも請け負う会社が増えているが、特許などを出すと電話が来る可能性が高くなります。彼らは、特許申請をした人、研究開発で論文を出した人、雑誌で紹介されている人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングするネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思われる連絡があった場合は、そのような心当たりを考えましょう。まれにヘッドハンティングと称して、登録料を払わせようとする会社がありますが、完全にサギであるので注意しましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が払う必要はありません。

スポンサードリンク

派遣会社を通して働く人が増えています、…

派遣会社に登録して働く人が多くなっていますが、派遣先から支払われる一時間当たりの報酬がいくらで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかを面接の際に聞いた方がいいです。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りにお金を会社に支払うシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が多いです。半分以上支払われているのであればまだいい会社だが、中には開示すらされないところも多く、気が付くと3割しか支払われていなかったということも少なくありません。なお、面接の際に答えてもらえない様な会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、その派遣会社で働くのは断念した方が良いです。

転職をする場合、最初に、転職希望先の会社をチェックすると思います。…

転職をする場合、事前に求人票やパンフレット、WEBサイトなどでその会社のことを調べるのですが、その会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントが付くことが多いです。コンサルタントはいかに、会社にとって都合の悪い情報を隠せばいいか、公表するにしてもいかに当たり障りのないような表現が出来るかを考えるのが仕事であるため、そのような会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、半信半疑で聞いている方がいいです。鵜呑みにして入社た場合、こんなはずではなかったと気が付くことになることが多いです。なお、会社側はいかにそのように素直な人間を入社させ、その後は難癖をつけて、辞めさせないようにするかを考えている。いわゆるブラック企業に多い例です。

スポンサードリンク

転職する場合は、いろいろ情報を集めることが多いと思いますが、…

転職する場合、いろいろ情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトを利用しない手は無いです。一時期、悪い口コミをサイトに載せられたと言って損害賠償を、その掲載会社に請求した事例がありましたが、辞めた、辞めさせられた社員の腹いせでそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、裏を返せば、ウソの書き込みであれば会社側が気にする必要は無いと言う事になります。しかし、本当のことが書いてあるので会社側としては、マズイと考え潰そうとしていると考えることも出来ます。口コミサイトも囃し立てることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、悪い口コミが多いと言う事はそれだけ、入社してから不利益になる可能性も高いと考えてもいいと思います。いい会社には煙は立ちませんから。

近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、…

最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、会社名が公表されたりと不利益を被る仕組みが出来てきましたが、面接で見破る方法があります。求人票などの労働条件を事前に調べ、ひとつひとつの項目について、いろいろと質問してみることです。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、その場では答えられないなど逃げるような姿勢になることが多くあります。特に給与と残業、休日に関しては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと困ったような顔をする場合も多くあります。それでもしつこく聞くとブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるので化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、見抜いた方が後々いいと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑