「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、…

公開日:  最終更新日:2020/03/17

「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、…

転職サイトは大手サイトの方が案件が多いため、2~3社程度、サイトに登録し、勤務地と年収条件程度の条件一致で自動の案件紹介設定をしておくと情報が集めやすいです。最初は登録が大変ですので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録初日は多少時間がかかりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は新規案件のみチェックするだけでよいので、最初にしっかり準備することをお勧めします。

スポンサードリンク

初めて転職する場合、現職を辞めたい理由を…

初めて転職する場合、現職を辞めたい理由をはっきりすることです。その理由が問題なのですから、問題を解決できる会社を選択することとなります。転職活動は新卒の就職活動とは違って、働きながら就職活動をするので、時間と体力が必要です。明確な理由がないままに転職しようとすると途中で息切れしてしまいます。どうしても転職したい、現状を変えたいという強い気持ちがなければ、転職活動のスタートを切ることはやめましょう。

「転職エージェント」は、一度登録すると、…

転職エージェントは一度登録すると、しつこく電話やメールをしてきます。初めて利用する人はとても驚く場合が多々あります。転職エージェントは転職させることが仕事ですので、かなり積極的です。大手のエージェントは転職させると企業側からお金が支払われる仕組みのため、転職する側の都合より企業側を優先させることが多々あります。また、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定がとれた瞬間に入社の説得をしてくることが多いです。自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職することがないように気を付けましょう。

スポンサードリンク

大手の「就職エージェント」ほど、…

大手転職エージェントは多くの案件をもっている反面、転職希望登録者もたくさんいます。応募希望の会社があっても、そのエージェント担当者が無理だと判断すると応募してくれないこともありますし、自分より入社できそうな人がいるとそちらの人を優先することもあるため、大手エージェントはサイトに掲載されない案件のデータ宝庫として扱い、中小規模のエージェントに応募したい会社や案件を伝え、応募できないか相談すると自分のために動いてくれることもあるので、そうした活用方法もあります。

転職活動で必要となるのは「履歴書」「職務経歴書」を用意しなくてはいけません。…

転職活動で必要となるのは履歴書と職務経歴書です。ほとんどの会社が書かれている内容で面接するかを決めるため、まずはこの書類が重要アイテムです。内容を充実させることが重要です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、可能な限り自分のできることを書き出します。また、現職の社内で挙げた実績を、売上〇%UPした等、具体的に記します。初めてで難しい場合は転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な文章を引き出したりして自分にプラスになるように利用することも一つの手です。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑