洗顔をする際には洗顔料を泡立てて使うように注意しましょう。

公開日:  最終更新日:2019/07/08

洗顔をする際には洗顔料を泡立てて使うように注意しましょう。…

洗顔をするときには洗顔料をよく泡立てましょう。泡立てないと洗顔をする際に手が顔に触れてしまい、摩擦のダメージで肌が傷つきます。洗顔料をよく泡立てておけば、泡がクッションになって洗顔時の摩擦が軽減します。泡立てネットを使うとふんわりとした泡を作れます。

スポンサードリンク

顔を洗って汚れを落とすことは必要だとしても、…

洗顔をして顔の汚れを落とすことは大切かもしれませんが、汚れを落とそうと長時間洗顔をすることおすすめできません。あまり長時間洗顔をしていると、それだけ洗浄成分が肌と触れる時間が長くなり、肌のバリア機能にダメージを与えます。その結果、肌が乾燥しやすい状態になります。

スポンサードリンク

洗顔に費やす時間は長くても1分です。顔を洗うことを長時間続けていると、…

洗顔をする時間は長くても1分です。長時間洗顔をしていると、肌がもともと持っている潤い成分の天然保湿因子や細胞間脂質などが洗い流されてしまい、肌の乾燥が進行をします。肌の乾燥は、ニキビ、シワ、くすみなどさまざまな肌トラブルの原因になります。素早く洗顔を終えるようにしましょう。

洗顔料を洗って取り除く際に使うお湯の適切な温度は、…

洗顔料を洗い流すときに使うお湯の温度は、ひと肌よりも少しぬるめです。熱いお湯で洗い流すと、肌が持っている潤い成分が洗い流されてしまいます。そして、肌を保護するバリア機能が低下をします。バリア機能が低下をすれば、外部の刺激に敏感になったり、肌が乾燥しやすくなります。

洗顔料を洗い流すとき、流し忘れがないように…

洗顔料を洗い流すとき、流し忘れがないように気をつけましょう。あごや髪の生え際は流し忘れをしやすい部位です。流し忘れをすると残った洗浄成分が刺激を与えたり、毛穴に詰まってしまって、ニキビや乾燥肌などの肌トラブルを招きます。丁寧に洗い流しましょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑