洗顔料をどれだけ泡立てても、どんなに熱心に洗顔をしても、…

公開日:  最終更新日:2019/07/23

洗顔料をどれだけ泡立てても、どんなに熱心に洗顔をしても、…

洗顔料をどんなによく泡立てても、どんなに熱心に洗顔をしても、毛穴の黒ずみを取ることはできません。毛穴が黒ずむのは角栓がつまっているからです。角栓は主にタンパク質でできていて、洗顔料は脂溶性の汚れを落とすことが目的のものなので、毛穴にたまったタンパク質を落とすことはできないのです。

スポンサードリンク

毛穴に蓄積された角栓は、肌に溜まった古くからある角質…

毛穴にたまった角栓は、肌に蓄積した古い角質と皮脂が混ざったものです。古い角質はタンパク質でできています。そのため、角栓を取り除くにはAHAや酵素などタンパク質に作用する成分で洗顔をすることが効果的です。週に1~2回程度AHAを配合した洗顔料や酵素洗顔などを使用するとよいでしょう。

スポンサードリンク

酵素を含有した洗顔料には、タンパク質を…

酵素洗顔料には、タンパク質を柔らかくする酵素が配合されています。この酵素が肌にたまった古い角質を柔らかくして取り去ってくれることが期待できます。肌がくすんでいたり毛穴がつまっているときは、古い角質が蓄積をしているので、こういったときに酵素洗顔をするとよいでしょう。

必要以上の酵素洗顔には気を付けましょう。…

酵素洗顔のやりすぎには注意をしましょう。酵素洗顔料にはタンパク質に作用する酵素が配合されています。肌細胞はタンパク質でできているため、酵素洗顔をやりすぎると健康な肌細胞を傷つけてしまう恐れがあります。その結果、肌が乾燥しやすい状態になります。

酵素洗顔の頻度は週に1~2度程度です。…

酵素洗顔を行う頻度は週に1?2回です。毎日行うと肌のバリア機能を低下させることになります。肌のバリア機能には、外部の刺激から守ったり、肌内部の潤いを守る働きがあります。バリア機能が低下をしてしまえば、外部の刺激に敏感になったり肌が乾燥しやすくなります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑