お肌に化粧水を使いたい、というときは…

公開日:  最終更新日:2019/12/20

お肌に化粧水を使いたい、というときは…

化粧水を使うときには素手で叩いて入れることもできますし、コットンで肌へ浸透をさせることもできます。好みで使い分けができますが、肌に吹き出物ができているときなどは、柔らかいコットンでさえ刺激になることがあるため、清潔な手で入れるようにすることです。手のひらに適量の化粧水を取り、少し手で温めて顔全体へ塗布します。

スポンサードリンク

毎日、何回も洗顔を行えば肌がきれいになるイメージがありますが、…

1日に何回も洗顔をすれば肌がきれいになるイメージがありますが、洗顔は基本的に朝と夜の2回行えば十分です。洗いすぎてしまうと天然クリームとも言われる皮脂が、過剰に流れ落ちてしまい乾燥肌を招きます。朝はぬるま湯で軽く洗顔をして保湿、夜は洗顔料を使い顔を洗ったら十分な保湿をする、このスタンダードな繰り返しが王道です。

スポンサードリンク

仕事で忙しく過ごしていると顔の肌に…

仕事で忙しいと顔の肌に疲れが出やすいですが、そんな時に助けになるのが炭酸パックです。炭酸を原料にしたパックは毛穴に染み込みやすく、適度に炭酸独特の刺激を肌に与えますし、美容成分も行き渡りやすいので、炭酸パック後の肌はワントーン明るくなります。

肌の状態をよく鑑みながら基礎化粧品に用いる、オイル系のコスメは…

肌のコンディションに合わせて基礎化粧品で使う油分のコスメは使い分けること、乾燥が激しいと感じるなら保湿クリームを使うことです。皮脂分泌の多さが気になる時や、夏場でべたつくケアはしたくないときだったら、水分も多めに含んでいる乳液を油分のコスメとして使うことができます。

髪の毛が生えてくる部分や耳の下側からうしろなど…

髪の毛の生え際や耳に近い部分など顔のサイドに吹き出物が出やすいなら、スキンケアの中でも洗顔でのすすぎの凝りに気を付けることです。すすぎ洗いでうっかりしやすいのが、髪の毛の生え際や顔まわりであり、洗ったつもりが洗顔料の成分が残り吹き出物になることがあります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑